このエントリーをはてなブックマークに追加

システム思考研究会 Systems Thinkers Applied Research

 

システム思考の実践で世界が変わる

 

システム思考の実践研究

 

STARクラブは、2008年にスタートしました。その前身は「システムコーチング研究会」です。日本にまだ「システムコーチング」(ORSC:Organization and Relationship SystemsCoaching)が上陸する前に少人数でシステムコーチングの実践研究を重ねていたのです。

 

STARクラブは「システム思考の実践研究」が出発点です。その名もSystemsThinkersAppliedResearch、システム思考者による応用研究となっています。

 

聞くところによると、システム思考のバリエーションには数百もの学派・流派があるそうです。

 

STARクラブでは、特に、ロバート・フリッツの創造構造論、ピーター・センゲの学習する組織、オットー・シャーマーのセオリーU、プロセス指向心理学などを初期のベースとしていました。

 

最近ではデイヴ・スノーデンのカネヴィンフレームワークやダニエル・カーネマンの認識論、エニアグラム、エドガー・シャインのプロセスコンサルテーションなどを積極的に実践しています。

 

 

 

システム思考

STARクラブ(SystemsThinkersAppliedResearchシステム思考研究会)

 

 

ジェイ・フォレスターのシステムダイナミクスから、学習する組織で有名なピーター・センゲのシステム思考(第5の規律)までを、既存の理論として学びながら実際の事例に適用してマスターしていく。アカデミックな演習は理論を理解するためのものとして限定的に行い、実践事例を中心として対話と稽古を重視する。

 

創り出す・structural tension

 

プロセスワークを使って葛藤(conflict)をプロセス(process)する

 

反脆弱性Antifragile

 

CLEAN LANGUAGEクリーン・ランゲージ

 

プロセスコンサルテーション

 

カネヴィンフレームワーク

 

創り出す思考

 

<開催概要>

■日時: 毎月 第4木曜日 19:00-21:30

■会場: 東京都中央区(銀座、京橋など)

 ※会員の方に毎月MLでお知らせしています。

≫詳細・お申し込みはこちらから

 

今週のサンタフェ通信より

■お金について考える■

 

「お金」と聞いたら何を思い浮かべますか。

 

稼ぐ、使う、貯める、投資する、散財する、節約する、浪費する、相続する、寄付する・・・

 

便利なもの、ないと困るもの、ありすぎても困るかもしれない、お金がなくて困窮する、お金がありすぎて堕落する・・・

 

お金は「物」ではありません。信用のシステムです。ではその信用はどこから来たのでしょうか。

 

お金持ちがますますお金持ちになり、貧乏人がますます貧乏になる、それが資本主義社会だと言われています。経済格差は実際に広がっているのでしょうか。格差が広がり続けることはどんな影響を持つのでしょうか。格差は不公平なのでしょうか。不公平は不正義なのでしょうか。

 

世界的ベストセラーとなった『21世紀の資本』の著者として知られるトマ・ピケティは、格差是正の手段として累進課税の富裕税を世界的に導入することを提唱しています。ありあまる財産と収入を持つ富裕層から合法的に奪い、社会の平等を目指すべきだと思いますか。

 

現代日本に住む私たちは、それほど裕福でなくても、多くの発展途上国に住む大勢の人たちに比べたら途方もなく豊かです。私たちが一回の外食に使うお金で、貧しい国に住む人たちは一ヶ月暮らすことができます。これは不公平なのでしょうか。

 

効果的利他主義を提唱する哲学者ピーター・シンガーは、私たちが贅沢な外食に使うお金を節約して貧しい人たちに寄付すべきだと主張しています。今夜の食事を少し粗食にして、浮いたお金を見知らぬ子供たちに送るべきでしょうか。

 

私自身は会社勤めを辞めて独立した2002年から継続的に毎月定額のお金をネパールとスリランカの子供たちに送っています。十数年の間にある程度の金額になりました。これは倫理的に有意義なことなのでしょうか。それともただの自己満足なのでしょうか。寄付などせずに貯金して旅行に使うのと、どちらがいいのでしょうか。

 

私は企業の教育活動を支援する仕事を本業にしています。エグゼクティブコーチング、マネジメントトレーニング、経営改革、組織変革などの依頼に応えて多額の報酬を受け取っています。一方でSTARクラブやディベート道場をはじめとする社会人教育活動では低額の費用で一般の人が誰でも参加できる場を設けています。ときどき無料セミナーも開催しています。大学などの教育機関からの依頼では交通費程度の謝礼で仕事をすることもあります。謝礼の多寡に関わらず、常に自分のベストと思えることを提供します。同じ仕事をして桁の違う報酬を受け取ることは道徳的に問題ないのでしょうか。

 

考え出すときりがないほど多くの疑問が湧いてきます。しかし大切なのは考えて終わらせるのではなく、実際にお金を稼ぎ、お金を使い、自分のためや他人のため、社会のためや家族のために活かすことです。

 

どうやってお金を稼ぐのがいいのでしょうか。どのようにお金を使うのがいいのでしょうか。お金を儲けすぎるのは罪なのでしょうか。それともお金はいくらあっても腐らない、あったらあっただけいいものなのでしょうか。

 

20世紀の思想家アイン・ランドは、お金をクルマのようなものだと言います。行きたいところに連れていってくれる乗り物です。でもクルマを運転するのは自分です。運転の仕方を知り、行き先を知らなければいくらお金を持っていても意味がありません。

 

5月に来日するヤロン・ブルックは、アイン・ランドの哲学オブジェクティビズムに依拠しながら、彼の専門である金融をベースにしてお金の秘密を紐解いてくれます。お金について考え、対話し、ときには議論して、仕事や生活や、現在や将来のために自分が何をできるかを探求していきたいと思います。

 

サンタフェ通信4月19日より

 

※サンタフェ通信は無料メールマガジンです。

田村洋一のメッセージ、STARクラブイベントの最新情報をメールでお届けしています。

 

 

 

サンタフェ通信

 

サンタフェの空を行く雲や流れる水のように執着せず淡々と生きる…週刊サンタフェ通信は自由で創造的な仕事と生活をサポートします。登録すると毎週金曜日の朝にニュースレターが届きます。

 

≫ご登録はこちらから

 

新着イベント

 

■□■イベントスケジュール案内■□■

 

4/19(金)夜 偉大な組織をつくる: セミナー in 中央区

 

4/21(日)朝 ディベート道場 2019(1)

 

4/21(日)午後 ロバート・フリッツ ボーナスセッション(プロフェッショナル)

 

4/21(日)夜 ディベート道場 セルフトレーニングZoomセッション(1)

 

4/25(木)夜 STARクラブ

 

4/27(土)朝 イイカコ会

 

5/4(土)ロバート・フリッツ対話セッション(プロフェッショナル)

 

5/6(月)ロバート・フリッツ演習・解説セッション(プロフェッショナル)

 

5/8(水)夜 アンチフラジール研究会

 

5/13(月)夜 ロバート・フリッツ演習・解説セッション(入門)

 

5/18(土)ロバート・フリッツ対話セッション(プロフェッショナル)

 

5/25(土)ヤロン・ブルック白熱教室 〜アイン・ランド哲学とマネーの未来

 

5/25(土)夜 オブジェクティブコーチング道場2019

 

ロバート・フリッツ来日ワークショップ2019

 

 

 

世界中で8万人以上が受講した創造プロセスと構造思考のトレーニング

 

昨年に引き続き、2019年にもロバート・フリッツを日本に呼ぶことになりました。去年ロバートから学んだ人も、今年初めてロバートに会う人も、このチャンスをぜひ活かしてください。

 

ロバートから学ぶのが衝撃的で革命的であることについては、私自身が未だに驚いています。去年の秋の来日以降も学びが続いています。少しお話しさせてください。

 

まず、ロバートは多くの人たちが呼ぶところの天才です。ロバートを師匠と呼ぶピーター・センゲは、学習する組織やシステム思考の発展過程でロバートの明晰な思考と実践が決定的な役割を果たしていると言っています。実際にThe Fifth Discipline(邦訳「学習する組織」)などの著書や論文で展開されているキーコンセプトのいくつかはロバートによる構造思考に源流があります。

 

多くの人が複雑さを前に立ちすくんでしまう時に、ロバートは常に創造的なアプローチをとり、比類のない成果を上げています。もともと作曲家であり、音楽のプロとしてのバックグラウンドを持ちながら、企業組織のコンサルティング、芸術家のトレーニング、映画の製作・監督など、さまざまな分野での活躍は、ロバートが狭い分野の専門家ではなく、創造という広い世界のプロであることを物語っています。

 

次に、ロバートは素晴らしいコミュニケーターです。多くのクリエイターやアーティストが作品を作ることに秀でていながら、その方法を説明できないというのとは対照的に、ロバートは創造プロセスを明るみに出し、これでもかというほど具体的にその方法を指し示してくれます。自分でやるだけでなく、やり方を紐解いて他の人に見せて教える名人でもあるのです。これはなかなかできることではありません。

 

「創造プロセスは人類が発明した中で最も成功した方法だ」とロバートは喝破します。創造プロセスは芸術家や製作者など一部の人たちの専売特許ではなく、私たち人類全てに開かれたフリーウェアなのです。ロバートはその発見を惜しげもなく共有してくれます。

 

私がロバートの考え方に出会ったのは今から27年前です。それはこれまで知っていたどんな方法とも異なる画期的なアプローチでした。

 

世の中のほとんどの人が問題解決にかまけている時、ロバートは常に創造の視点で考え、創造の方法を示します。世の中のほとんどの人が状況に埋もれて四苦八苦している時、ロバートは常に構造的に考え、「母なる構造」(Mother Structure)を味方につけて創り出したい結果を創り出します。世の中のほとんどの人が複雑さや不確実性に圧倒されている時、ロバートは常に明快な方向を見出してくれます。

 

 

 

 

「創り出す思考」(Think and create)はプロフェッショナル志向です。コーチング、コンサルティング、カウンセリングなどの人を援助する職業の人や、組織のマネジャー、リーダーなど人を率いる仕事の人にうってつけで、ロバートの革新的なメソッドやテクニックを仕事にどんどん使っていきたい人に向いています。

 

「Choices」(選択)は、同じ方法を自分自身に当てはめて応用する三日間です。自分自身の人生をありのままに見つめ、人生を決定する根底の構造を発見し、構造的に変えていきます。多くの受講者が三日間で具体的な変化を実感できると言います。

 

自分自身の選択を変えることができれば、もちろんビジネス、仕事、職業キャリアを変えていくことも可能になります。

 

両方とも素晴らしいワークショップです。

 

私は7月にバーモントで開催されたChoicesワークショップに参加してきました。飛行機でボストンに飛び、そこからレンタカーを運転して数時間かけてバーモントに行ってきました。バーモントは自然の美しい素晴らしいところです。そしてワークショップは大きな期待をさらに上回る特別な学習体験でした。たった3日間のうちにこれからの未来を変えていくような大きな学びがありました。

 

9月に東京で受けられる人は本当にラッキーです。日本にいながらにしてロバートとロザリンドから教わることができるのですから。

 

 

オブジェクティブコーチング道場2019インタビュー

・オブジェクティブコーチング道場の特徴

・オブジェクティブコーチングとは何か

・オブジェクティブコーチングの実践と可能性

 

オブジェクティブコーチング道場(OC道場)は、コーチングの初心者から第一線のプロまで、さまざまな経験レベルの人たちの稽古場です。

 

初心者の人たちは、コーチングの基礎から学び、プロとして実践できるレベルを目指します。スキルや心構えが大切なことはもちろんですが、全体を通して知識や技術以上のことを学びます。

 

コーチングを職業として選択しない人たちは、自己開発・自己成長の手段としてオブジェクティブコーチングを活用できます。オブジェクティブコーチングは、自分自身を客観的に知り、自分の実現したい仕事や人生を実現するための方法です。単なるコミュニケーションの技術ではありません。認知・認識・発達を促進する方法です。

 

オブジェクティブコーチングの方法を自分自身のために活用できたら、人間関係を通じて他の人のために使うことができるようになります。

 

道場では、安全な場で互いの稽古を通じてコーチングの方法を学び、学びながら自分自身の成長や他者への関わりを促進していくことができます。

 

すでにクライアントを持ち、コーチングを実践しているプロフェッショナルの人たちは、オブジェクティブコーチングを熟知することによって、自分自身の実践を見直し、磨きをかけることが可能になります。

 

また、コーチングを過去に学んで充分に活用できなかった人は、自分にとって必要な方法を見出し、シンプルに統合することを学びます。

 

オブジェクティブコーチング道場は生涯学習の場です。卒業や完了はありません。ただし1年間の修了時に所定の出席とスキルを認定された参加者には、学習時間とスキル認定の修了証を発行します。

 

 

 

ディベート道場には、経験者から全くの初心者まで一緒に学んで稽古していきます。

 

毎回、参加者のニーズに対応し、参加者の創造的な学びの場をつくることが目的です。

 

経験者が近くにいること、初心者が近くにいることで、創発的にたくさんのことを学べます。経験者は初心を忘れず、初心者は、経験者と一緒に学ぶことであらゆるハードルが下がっていくでしょう。

 

全くの初心者だからと言って心配する必要はありません。ディベート道場では個人のペースで学ぶことを大切にしています。

 

※ディベート大会への参加。セルフトレーニングコースのSkype稽古への参加は強制ではありません。

 

 

動画

 

禅のエキスパートである藤田一照老師と創造のエキスパートであるロバート・フリッツ氏の対談は、2018年9月下旬に東京・中目黒で開かれました。若い頃からアメリカで禅に親しむロバート・フリッツが「自分は専門家ではないが」と前置きしながら大胆に言い放ちます。

 

「無執着(non-attachment)というのは誤訳ではないか」

 

これに対して一照さんが「全くその通りだ(totally agreed!)」と返すので仰天しました。そしてロバートは、

 

「人生から苦しみを減らすなんてことはそもそも必要なのか」

 

と問いかけ、仏教の根本目的は句を減らすことではないのではないかという疑問が呈され、それを受けた藤田一照さんもこれまた自由自在に「感じて、ゆるす仏教」のエッセンスを惜しげもなく開陳します。

 

生きること、創り出すこと、スピリチュアルな成長、ニルヴァーナ(涅槃)、映画制作、公案について奔放な対談が繰り広げられた抱腹絶倒の1時間半。果たして解脱を目指すのは間違いなのか。

 

これは前代未聞の東西対談です。仏教や禅に興味のある人はもちろん、現代社会をクリエイティブに生きたい人なら誰でも見逃せない対話が、わかりやすい日本語字幕付きで公開されています。

 

今月から開講するロバート・フリッツ入門コースでもこの対談を教材に使うことを検討中です。

 

 

書籍

 

『自意識(アイデンティティ)と創り出す思考』ロバート・フリッツ、ウェイン・S・アンダーセン著、田村洋一監訳

 

 

人生やビジネスを創り出すのに自分が何者かなんて関係ない!
―理想や才能にとらわれずに望む人生を生きる

 

【自意識(identity)とは】
自分は何者だ、自分はこうだ、と自分自身について思っていること。自意識を強く持っていることによって学習が阻害され、本来の創造行為が妨げられる。また、成功しても自意識の問題によって逆転が起こり、成功が長続きしない。自意識とは何か、どうしたらいいのか、が本書のメインテーマである。

 

【本文より】
読者の中には、いい自己イメージが大切だとずっと聞かされ続けてきた人もいるかもしれない。
しかし本書を読むうちに、自己イメージなど全く大切ではないということがわかるだろう。
本当に大切なのは、いかに効果的に自分が生きたい人生を構築できるかなのだ。
本書では、そのことを構造的、精神的、心理的、医療的、そして生物学的次元で次々と解き明かしていく。

 

『不確実な世界を確実に生きる―カネヴィンフレームワークへの招待』コグニティブ・エッジ、田村洋一著

 

 

版元サイトで購入【音声特典付き】
https://evolving.theshop.jp/items/10877466

 

2018年5月1日朝、カネヴィンフレームワークを創造したDave Snowdenにインタビューしました。字幕つき映像で公開中です。

 

 

私たちの世界は複雑なことや不確実なことにあふれています。この不確実な世界をどのように生きたらいいのでしょうか。

 

多くの人たちは、ある種の諦めをもって暮らしています。先のことはわからない、わからないことを考えてもしかたない、わかる範囲で生きていこう、という態度です。不確実なことを不可知なことと捉えて思考停止しているのです。

 

また多くの人たちは、どんなに複雑なことがあってもできる限りの情報収集とデータ分析をして予測を行い、単純な予測に基づいて行動しています。昨今蔓延している「エビデンス信仰」もその一種です。エビデンスのあることを信じ、エビデンスのないことは信じない、という単純明快な態度です。

 

どちらのスタンスをとるのも、場合によっては悪くありません。日常が平穏で予測可能な範囲で進行しているときは、さほど深く考えなくても大過ないし、また情報解析によって解明できるくらいの複雑さであれば分析やデータ主義も役に立ちます。

 

それでは困るのは、事態がもっと複雑で不確実なときです。分析や予測が著しく困難または不可能で、シンプルな経験則が当てはまらない、新しい状況です。

 

カネヴィンフレームワークは複雑系における意思決定のモデルです。このどちらでもない状況における、第三のスタンスを可能にしてくれます。

 

もし事態が自明であり、きちんと考えれば正しい答えがある状況ならば、ベストプラクティスを見つけて従うことです。社会のルールや組織の慣行に従うことで解決することは少なからずあります。

 

もし事態が煩雑であり、分析や専門家のガイダンスを要することであれば、しかるべき専門知と分析に頼るべきです。

 

もし事態が緊急を要する危機状態であれば、しのごの言う前に行動すべきです。できる人ができることをするのです。

 

思考停止でもなく分析過剰でもない、第三のスタンスは、「やってみなければわからない」複雑さ、霧の中を歩いていくような不確実な世界の歩き方を教えてくれるものです。

 

それは単なる危機管理ではなく、イノベーションを生み出す方法でもあります。たくさん試行錯誤して「失敗」から成功を見出すアプローチです。

 

昔から「失敗は成功のもと」と言われるのに、失敗すると失敗の烙印を押されてしまうことが多く、特に保守化した組織や社会の中では「失敗しないようにする」「失敗してもひた隠しにする」ということが横行しています。

 

カネヴィンフレームワークが教えてくれる知恵のひとつは、セーフ・フェイル(安全な失敗)というアプローチです。致命的にならない安全な失敗を許すことによって先の見えない世界をナビゲートし、イノベーションを可能にするのです。

 

 

音声教材 STARクラブセミナーズセルフトレーニング

 

私が学んだファシリテーションの極意
インタビュースキルトレーニング
ひとりから始める事業の作り方(全3回コース)〜人並み外れた努力や才能は要らない〜
知的プロフェッショナルの思考技術
戦略コンサルタントの思考技術〜提案力を向上する〜
プロセスコンサルテーション入門講座
ほか

 


トップへ戻る