システム思考 | Systems Thinkers Applied Research

このエントリーをはてなブックマークに追加

システム思考研究会 Systems Thinkers Applied Research

 システム思考研究会で実践しているシステム思考の応用範囲は、コーチング、ファシリテーション、マネジメント、リーダーシップなどに限られません。日常のあらゆる場面にあります。私たちは誰でも職場、家庭、友人、地域共同体など、周囲の人や組織と関わりを持ちながら暮らしているからです。自分がシステムの一部であることを自覚し、そのシステムにどんな影響を与えているのか、また与えうるのかを知ることで、現実をダイナミックに動かすことができるのです。

 

システム思考の実践で世界が変わる

 

システム思考の実践研究

 

STARクラブは、2008年にスタートしました。その前身は「システムコーチング研究会」です。日本にまだ「システムコーチング」(ORSC: Organization and Relationship Systems Coaching)が上陸する前に少人数でシステムコーチングの実践研究を重ねていたのです。

 

STARクラブは「システム思考の実践研究」が出発点です。その名も Systems Thinkers Applied Research、システム思考者による応用研究となっています。

 

聞くところによると、システム思考のバリエーションには数百もの学派・流派があるそうです。

 

STARクラブでは、特に、ロバート・フリッツの創造構造論、ピーター・センゲの学習する組織、オットー・シャーマーのセオリーU、プロセス指向心理学などを初期のベースとしていました。

 

最近ではデイヴ・スノーデンのカネヴィンフレームワークやダニエル・カーネマンの認識論、エニアグラム、エドガー・シャインのプロセスコンサルテーションなどを積極的に実践しています。

 

▼ 詳細を読む

 

 

システム思考

STARクラブ(Systems Thinkers Applied Research システム思考研究会)

 

 

ジェイ・フォレスターのシステムダイナミクスから、学習する組織で有名なピーター・センゲのシステム思考(第5の規律)までを、既存の理論として学びながら実際の事例に適用してマスターしていく。アカデミックな演習は理論を理解するためのものとして限定的に行い、実践事例を中心として対話と稽古を重視する。

 

<開催概要>

■日時: 毎月 第4木曜日 19:00-21:30

■会場: 東京都中央区(銀座、京橋など)

 ※会員の方に毎月MLでお知らせしています。

≫詳細・お申し込みはこちらから

 

今週のサンタフェ通信より

■□■「これはあれかな」症候群■□■

 

小さい子供たちは純粋な好奇心のかたまりです。

 

「これはなあに?」
「どうしてなの?」
「それでどうなるの?」

 

新しいことをどんどんおぼえて、できないことがどんどんできるようになっていきます。小さい子供たちは、人がどうやって学ぶか、を大人の私たちに見せてくれます。

 

大人になるとなかなかこうはいきません。どうしても自分の知識や経験に縛られています。新しいことに触れても、

 

「これは(私の知ってる)あれかな」

 

と既存の知識に結びつけ、新しいことをそのまま学ぶことができません。「私はもう知っている」という思い込みほど学習を妨げるものはないのです。

 

最近20年くらいでビジネスでも流行した「仮説駆動アプローチ(hypothesis-driven approaches)」も同じ穴のムジナです。

 

現実をよく観察して理解する前に「これはあれだな」と当たりをつけ(いわゆる「仮説形成」)、「きっとこれだな」と証拠を集め(いわゆる「仮説検証」)、仮説に合致するデータを残し、仮説に合致しないデータを捨てる、似非科学的メソッドです。もちろん本来の科学的アプローチは違います。反証データこそ大切なのです。しかしサイエンスの名を騙った間違った方法が横行しています。

 

最も大切なことは、白いキャンバスからスタートすることです。

 

キャンバスにすでに何かが描いてあったら真っさらな観察と思考の妨げになります。現実を観る前に「きっと(私の知っている)あれに違いない」という先入観や固定観念があると、正しく現実を知ることを邪魔します。

 

これは決して簡単なことではありません。先入観を持たない子供たちと違って、私たちはたくさんの経験と知識によって同時に偏見や思い込みに塗れているからです。

 

しかし訓練と習慣によって私たちは誰でも「絵で考える」ことができるようになります。「絵を描く」前に心に真っ白なキャンバスを用意することができるようになります。

 

「これはあれかな」ではなく、「これは何かな」と好奇心を全開にする・・・。

 

それができるようになると世界は一変します。今まで既存の言葉で「理解していた」つもりのことが、まるで子供たちが新鮮な経験をするように新しい見え方で見えるようになるでしょう。

 

サンタフェ通信5月19日より

 

※サンタフェ通信は無料メールマガジンです。

田村洋一のメッセージ、STARクラブイベントの最新情報をメールでお届けしています。

 

サンタフェ通信

 

 

 

サンタフェの空を行く雲や流れる水のように執着せず淡々と生きる…週刊サンタフェ通信は自由で創造的な仕事と生活をサポートします。登録すると毎週金曜日の朝にニュースレターが届きます。

 

≫ご登録はこちらから

STARクラブ公式Facebookページ

 

 

 

 STARクラブ公式Facebookページでは、イベント風景の投稿、主催者・参加者の感想、写真などの投稿が寄せられます。STARクラブイベントの様子を覗いてみたい方は是非ご覧ください。

 

≫Facebookページはこちらから

 

 

新着イベント

 

■□■イベントスケジュール案内■□■

 

5/25(木)夜 STARクラブ
6/4(日)夜 頭脳が活性化する呼吸法と瞑想のクラス
6/7 (水)夜 ゲーテ読書会
6/10(土)朝 オブジェクティブコーチング道場(6)
6/10(土)夜 イイカコ会 〜身体力学稽古会〜
6/12(月)夜 オブジェクティビズム研究会
6/17(日)朝 頭脳が活性化する呼吸法と瞑想のクラス
6/17(土)午後 ビジュアル思考トレーニング

 

 

6/17(土)午後 ビジュアル思考トレーニング

 

 

ビジュアルに考えることによって「言葉で考える」限界を超え、創造的かつ効率的なコミュニケーションを可能にします。

 

ビジュアルに考える。

 

これはシステム思考やディベートを実践している者の間では常識です。ビジュアルに、空間的に考えなければ、複雑な事象や議論を俯瞰することは不可能なのです。

 

音楽家はビジュアルに考える。空間を捉えていなければ時間的な表現ができない。

 

数学や物理をやる人たちもビジュアルに考える。言葉や記号と並列に、あるいはそれに先立って、ビジュアルイメージで考える。

 

囲碁や将棋をやる人たちも空間的に考える。言葉や記号で戦略を練るのはやはり不可能。
企業戦略を構想する経営者やコンサルタントもビジュアルに考える。非言語の時空で発想し、非言語の時空で表現し、非言語の時空で分析し、非言語の時空で議論する。

 

コーチングやファシリテーションにおいても時空をビジュアルに見る能力がないと先に進めないことが多く、逆にグラフィックに時空を共有できると一気に視界が開け、前に進めます。

 

これがこの世界の暗黙の方法、オープンシークレットです。誰も秘密にしていないが、実践している人たちだけが知っている職業的秘訣です。言葉でだけ考えようとしている人たちにはまるで理解困難な自由の境地でもあります。

 

ビジュアル思考をマスターしたら、何ができるようになるでしょうか。

 

≫お申し込みはこちらから

オブジェクティブコーチング道場

 

 

オブジェクティブコーチング道場(OC道場)は、コーチングの初心者から第一線のプロまで、さまざまな経験レベルの人たちの稽古場です。

 

初心者の人たちは、コーチングの基礎から学び、プロとして実践できるレベルを目指します。スキルや心構えが大切なことはもちろんですが、全体を通して知識や技術以上のことを学びます。

 

1月 オブジェクティブコーチングとは何か
2月 思考と感情と客観性(認知モデル)
3月 オブジェクティブコーチングの目指すもの
4月 傾聴と質問 共感しないで話を聞く
5月 クライアントは誰か 人間関係のシステム
6月 オブジェクティブコーチングの成功の定義
7月 メタスキル 技術や知識の下部構造
8月 なぜコーチングが効果的なのか
9月 プロフェッショナルなコーチングの条件
10月 なぜクライアントはコーチングに投資するのか
11月 オブジェクティブではないコーチングについて
12月 オブジェクティブコーチングのアプリケーション
(各月のテーマは道場参加者のニーズ等によって変わります)

 

コーチングを職業として選択しない人たちは、自己開発・自己成長の手段としてオブジェクティブコーチングを活用できます。オブジェクティブコーチングは、自分自身を客観的に知り、自分の実現したい仕事や人生を実現するための方法です。単なるコミュニケーションの技術ではありません。認知・認識・発達を促進する方法です。

 

オブジェクティブコーチングの方法を自分自身のために活用できたら、人間関係を通じて他の人のために使うことができるようになります。

 

道場では、安全な場で互いの稽古を通じてコーチングの方法を学び、学びながら自分自身の成長や他者への関わりを促進していくことができます。

 

すでにクライアントを持ち、コーチングを実践しているプロフェッショナルの人たちは、オブジェクティブコーチングを熟知することによって、自分自身の実践を見直し、磨きをかけることが可能になります。

 

また、コーチングを過去に学んで充分に活用できなかった人は、自分にとって必要な方法を見出し、シンプルに統合することを学びます。

 

オブジェクティブコーチング道場は生涯学習の場です。卒業や完了はありません。ただし1年間の修了時に所定の出席とスキルを認定された参加者には、学習時間とスキル認定の修了証を発行します。

 

≫お申し込みはこちらから

ディベート道場

 

 

ディベート道場には、経験者から全くの初心者まで一緒に学んで稽古していきます。

 

毎回、参加者のニーズに対応し、参加者の創造的な学びの場をつくることが目的です。

 

経験者が近くにいること、初心者が近くにいることで、創発的にたくさんのことを学べます。経験者は初心を忘れず、初心者は、経験者と一緒に学ぶことであらゆるハードルが下がっていくでしょう。

 

全くの初心者だからと言って心配する必要はありません。ディベート道場では個人のペースで学ぶことを大切にしています。

 

※ディベート大会への参加。セルフトレーニングコースのSkype稽古への参加は強制ではありません。

 

≫お申し込みはこちらから

 




ホーム RSS購読 サイトマップ