システム思考 | Systems Thinkers Applied Research

このエントリーをはてなブックマークに追加

システム思考研究会 Systems Thinkers Applied Research

 システム思考研究会で実践しているシステム思考の応用範囲は、コーチング、ファシリテーション、マネジメント、リーダーシップなどに限られません。日常のあらゆる場面にあります。私たちは誰でも職場、家庭、友人、地域共同体など、周囲の人や組織と関わりを持ちながら暮らしているからです。自分がシステムの一部であることを自覚し、そのシステムにどんな影響を与えているのか、また与えうるのかを知ることで、現実をダイナミックに動かすことができるのです。

 

システム思考の実践で世界が変わる

 

システム思考の実践研究

 

STARクラブは、2008年にスタートしました。その前身は「システムコーチング研究会」です。日本にまだ「システムコーチング」(ORSC: Organization and Relationship Systems Coaching)が上陸する前に少人数でシステムコーチングの実践研究を重ねていたのです。

 

STARクラブは「システム思考の実践研究」が出発点です。その名も Systems Thinkers Applied Research、システム思考者による応用研究となっています。

 

聞くところによると、システム思考のバリエーションには数百もの学派・流派があるそうです。

 

STARクラブでは、特に、ロバート・フリッツの創造構造論、ピーター・センゲの学習する組織、オットー・シャーマーのセオリーU、プロセス指向心理学などを初期のベースとしていました。

 

最近ではデイヴ・スノーデンのカネヴィンフレームワークやダニエル・カーネマンの認識論、エニアグラム、エドガー・シャインのプロセスコンサルテーションなどを積極的に実践しています。

 

▼ 詳細を読む

 

 

システム思考

STARクラブ(Systems Thinkers Applied Research システム思考研究会)

 

 

ジェイ・フォレスターのシステムダイナミクスから、学習する組織で有名なピーター・センゲのシステム思考(第5の規律)までを、既存の理論として学びながら実際の事例に適用してマスターしていく。アカデミックな演習は理論を理解するためのものとして限定的に行い、実践事例を中心として対話と稽古を重視する。

 

<開催概要>

■日時: 毎月 第4木曜日 19:00-21:30

■会場: 東京都中央区(銀座、京橋など)

 ※会員の方に毎月MLでお知らせしています。

≫詳細・お申し込みはこちらから

 

今週のサンタフェ通信より

■□■思考と対話を稽古する「ディベート道場」■□■

 

この本は2種類の読者に向けて書かれています。

 

ひとつめは、ディベートを基礎から学びたい人です。今までディベートを学んだことがない、あるいは少しかじっただけでやめてしまったという人たちが、一からディベートを学ぶための入門書として本書は書かれています。

 

本書の材料となったのは、2012年から毎月開催しているディベート道場です。そこで私が話してきたことや稽古してきた内容を、編集担当の糸賀さんが録音し、文字に書き起こしてくれました(語りかけるような話し言葉で書かれているのはそのためです。もとは、道場でしゃべった内容なのです)。

 

ディベート道場には、ディベートを学ぶのが全く初めての社会人や学生が集まっています。論理的思考や合理的意思決定を学びたい、コミュニケーションや分析のスキルを高めたい、そういう動機で集まっている人たちに向けた解説です。

 

したがって、本書の解説は実際にディベートを学んでいる人が何年にもわたって受け続けているもので、本書を手にした人がディベートの初心者であれば、ディベートを理解して実践するために格好の教科書となるかもしれません。

 

もうひとつの読者層は、ディベート経験者・指導者です。すでにディベートを学んで知っており、ディベート教育の恩恵を受け、機を見て他人にディベートを教えている人たちです。

 

本書でも詳述した通り、ディベートは短い時間で非常に広い範囲の事柄を極めて深く掘り下げ、しかも実践的に白黒はっきりさせる知的活動です。日常の活動とはかなりかけ離れたものであり、経験者でないと理解しがたいでしょう。未経験者に説明したり指導したりするのは難しいものです。

 

ディベート道場では、全くの初心者たちが、ディベートをゲームのごとく遊びながら身につける稽古を積んでいます。一見とっつきにくい概念や用語も、本書で紹介する演習や実習を通して身近でわかりやすいものにしています。

 

本書を「学校や職場でディベートを活用したい」「子供の教育や社員の育成のためにディベートを導入したい」と考える指導者や教育者にとってのガイドとして活用してもらえれば嬉しく思います。

 

ディベートはスポーツ競技のようなもので、いくら本を読んで理解しても、実際に取り組んでみなければその真価はわかりません。これは私自身の経験に基づいています。

 

私は1983年に上智大学で英語ディベートに触れ、学生時代に嫌と言うほどディベートをしてきました。それは好きなスポーツに打ち込むような体験でした。明けても暮れてもディベートのことを考え、勝った負けたと一喜一憂し、少しでも強いプレイヤー(ディベーター)になろうと工夫し、仲間たちと切磋琢磨してきました。また、学年が進むにつれて下級生や他校の学生に指導したりレクチャーしたりすることも増えました。

 

ディベートを通して学んだことは、その後の学業で哲学や思想の探求にも役立ちました。また、ディベートを通じて親しむことになったシステム思考(システム論的アプローチ)は、ビジネス教育を経て自分自身のプロとしての基礎力となりました。

 

そして社会においてビジネスや教育を実践するうちに、自分の中に形成された「ディベート思考」が、非常に確かなインフラとして機能していることに気がつきます。

 

それは私個人に限ったことではありません。

 

上智大学英語学科の先輩であり、直接影響を受けることも多かった苫米地英人さんは、研究者・評論家として、八面六臂のご活躍ですが、そのベースにはディベート思考があったと明言しています(余談だが、ディベート道場を開講することになったきっかけは苫米地さんから頼まれたディベートセミナーの仕事でした)。

 

また、本書のインタビュー編で協力してくれた北野宏明さん、森川勇治さん、佐藤義典さん、山中礼二さん、友末優子さんは、それぞれの分野でディベート思考を活用して大活躍されています。詳しくはぜひインタビュー編をお読みください。ディベートが単なる詭弁や言葉遊びでないことは、彼らの社会的活躍や貢献が最も雄弁に語っています。

 

そして本書出版の出発点となったディベート道場は、「社会人として仕事をしながら自分の時間でディベートを学びたい」と言って集まった道場参加者と、それを手伝ってくれた有志の方々のお陰で実現しました。

 

初年度に師範代を務めてくださった古波倉正嗣さんと松下正嗣さん、毎月熱心に参加してくれた多くの皆さん、指導役の塚田喜己さん、酒井洋一さん、事務局として全てを差配してくれている森山千賀子さん。皆さんがいなければディベート道場は存立していません。

 

何より心を打たれたのは、ディベート道場で初めてディベートを学んだことから多くの人たちが目覚ましい成長を遂げ、仕事や生活や人生にまでその効果が波及していったことです。

 

毎月の道場だけでなく、ネット上で稽古をしたり、集まってミーティングをしたり、公のディベート大会に出場したりして、ディベートを存分に遊び、そこで学んだことを現実生活に活かしていく。

 

本書は、そういう生きたディベート稽古を紙上で可能な限り再現するべく生まれました。

 

糸賀さんがまとめてくれた原稿を多くの方々が査読してくれ、読みやすく使いやすい書物になるようにと大幅な加筆修正を行いました。過去に出版されているオーソドックスなディベートの教科書や参考書とは違う、実用性とゲーム性を備えた比類のない指南書になっています。

 

最初のページから通読して教育ディベートの全体像をつかんでもいいし、興味を惹かれる章を拾い読みしてもいい。ディベートに馴染みのある読者は、自分の理解を確かめるために読んでもいいし、ディベートをゲームのように活用するのもいい。

 

ぜひ本書を自分の仕事や生活や人生のために創造的に使ってください。

 

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B06ZZ847N3/

 

 

サンタフェ通信4月21日より

 

※サンタフェ通信は無料メールマガジンです。

田村洋一のメッセージ、STARクラブイベントの最新情報をメールでお届けしています。

 

サンタフェ通信

 

 

 

サンタフェの空を行く雲や流れる水のように執着せず淡々と生きる…週刊サンタフェ通信は自由で創造的な仕事と生活をサポートします。登録すると毎週金曜日の朝にニュースレターが届きます。

 

≫ご登録はこちらから

STARクラブ公式Facebookページ

 

 

 

 STARクラブ公式Facebookページでは、イベント風景の投稿、主催者・参加者の感想、写真などの投稿が寄せられます。STARクラブイベントの様子を覗いてみたい方は是非ご覧ください。

 

≫Facebookページはこちらから

 

 

新着イベント

 

 

5/3(祝)午後 アイン・ランドと利己主義の美徳〜自分のために生きる哲学〜

 

 

 

アイン・ランドは自分の哲学をオブジェクティビズム(客観主義)と名づけ、「地球上で生きるための哲学」と呼んでいます。

 

アイン・ランドがまとめ上げた哲学体系全体はあまりにも大きく、形而上学から美学に至る全てに渡っており、これを完全に理解するのは大変に思えます。しかし私たちは哲学者になるわけではありません。ただ単に生きるための優れた方法を手に入れたいだけです。

 

哲学は誰のためのものか("Philosophy: Who needs it?")という短いレクチャーの中でアイン・ランドは、人間が生きるためには必ず哲学が要る、人間は野獣と違って生まれ持ったプログラムだけで生きて行くことはできず、自分の頭で考えざるを得ないからだ、と喝破しています。

 

ただ、哲学を学ぶ者と学ばない者との違いは、学ばない限り人は暗黙の哲学によって導かれていて、その暗黙の哲学の矛盾や間違いに気づいていないということです。

 

この意味において、宗教もまた哲学の一種です。神や超自然的存在への信仰を基盤とした世界の見方を与え、生きる指針を与えるものです。(アイン・ランドは一切の宗教を認めない世俗の哲学者としても知られていました。)

 

明示的な哲学を学ばない人は、親のしつけや学校教育や地域の生活や国の文化などから多くの暗黙の哲学を知らぬ間に身につけ、その指し示すものに思考や行動を左右されながら生きています。

 

世界中に蔓延する利他主義が、哲学を学ばない人々を陰に陽に縛っていることも事実です。

 

世間的な意味での利己主義者を自認する人間でも、自分もまた本当は世のため人のために尽くさねばならないのではないかという強迫観念や罪悪感に苛まれていることがあります。

 

オブジェクティビズムを学ぶことは、世間やアカデミズムに蔓延る矛盾や欺瞞を打ち払い、世の中に流されずに自分の人生を生きる方法を手に入れることです。

 

そのために理性は必要ですが、特別に優れた頭脳は必要ない。

 

オブジェクティビズムはエリートのための思想ではなく、自分の人生を生きる全ての人のための哲学なのです。

 

≫お申し込みはこちらから

オブジェクティブコーチング道場

 

 

オブジェクティブコーチング道場(OC道場)は、コーチングの初心者から第一線のプロまで、さまざまな経験レベルの人たちの稽古場です。

 

初心者の人たちは、コーチングの基礎から学び、プロとして実践できるレベルを目指します。スキルや心構えが大切なことはもちろんですが、全体を通して知識や技術以上のことを学びます。

 

1月 オブジェクティブコーチングとは何か
2月 思考と感情と客観性(認知モデル)
3月 オブジェクティブコーチングの目指すもの
4月 傾聴と質問 共感しないで話を聞く
5月 クライアントは誰か 人間関係のシステム
6月 オブジェクティブコーチングの成功の定義
7月 メタスキル 技術や知識の下部構造
8月 なぜコーチングが効果的なのか
9月 プロフェッショナルなコーチングの条件
10月 なぜクライアントはコーチングに投資するのか
11月 オブジェクティブではないコーチングについて
12月 オブジェクティブコーチングのアプリケーション
(各月のテーマは道場参加者のニーズ等によって変わります)

 

コーチングを職業として選択しない人たちは、自己開発・自己成長の手段としてオブジェクティブコーチングを活用できます。オブジェクティブコーチングは、自分自身を客観的に知り、自分の実現したい仕事や人生を実現するための方法です。単なるコミュニケーションの技術ではありません。認知・認識・発達を促進する方法です。

 

オブジェクティブコーチングの方法を自分自身のために活用できたら、人間関係を通じて他の人のために使うことができるようになります。

 

道場では、安全な場で互いの稽古を通じてコーチングの方法を学び、学びながら自分自身の成長や他者への関わりを促進していくことができます。

 

すでにクライアントを持ち、コーチングを実践しているプロフェッショナルの人たちは、オブジェクティブコーチングを熟知することによって、自分自身の実践を見直し、磨きをかけることが可能になります。

 

また、コーチングを過去に学んで充分に活用できなかった人は、自分にとって必要な方法を見出し、シンプルに統合することを学びます。

 

オブジェクティブコーチング道場は生涯学習の場です。卒業や完了はありません。ただし1年間の修了時に所定の出席とスキルを認定された参加者には、学習時間とスキル認定の修了証を発行します。

 

≫お申し込みはこちらから

ディベート道場

 

 

ディベート道場には、経験者から全くの初心者まで一緒に学んで稽古していきます。

 

毎回、参加者のニーズに対応し、参加者の創造的な学びの場をつくることが目的です。

 

経験者が近くにいること、初心者が近くにいることで、創発的にたくさんのことを学べます。経験者は初心を忘れず、初心者は、経験者と一緒に学ぶことであらゆるハードルが下がっていくでしょう。

 

全くの初心者だからと言って心配する必要はありません。ディベート道場では個人のペースで学ぶことを大切にしています。

 

※ディベート大会への参加。セルフトレーニングコースのSkype稽古への参加は強制ではありません。

 

≫お申し込みはこちらから

 

 

 

 

■□■イベントスケジュール案内■□■

 

4/22(日)朝 ディベート道場2017(1)
4/23(日)夜 イイカコ会 〜身体力学稽古会〜
4/27(木)夜 STARクラブ
5/3(祝)午後 ヤロン・ブルックによるオブジェクティビズムセミナー
5/8(月)トランサーファー会
5/10(水)傍観者の会 〜ピーター・ドラッカー読書会〜
5/13(土)朝 オブジェクティブコーチング道場(5)
6/7 (水)夜 ゲーテ読書会

 




ホーム RSS購読 サイトマップ