このエントリーをはてなブックマークに追加

システム思考研究会 Systems Thinkers Applied Research

 

システム思考の実践で世界が変わる

 

システム思考の実践研究

 

STARクラブは、2008年にスタートしました。その前身は「システムコーチング研究会」です。日本にまだ「システムコーチング」(ORSC:Organization and Relationship SystemsCoaching)が上陸する前に少人数でシステムコーチングの実践研究を重ねていたのです。

 

STARクラブは「システム思考の実践研究」が出発点です。その名もSystemsThinkersAppliedResearch、システム思考者による応用研究となっています。

 

聞くところによると、システム思考のバリエーションには数百もの学派・流派があるそうです。

 

STARクラブでは、特に、ロバート・フリッツの創造構造論、ピーター・センゲの学習する組織、オットー・シャーマーのセオリーU、プロセス指向心理学などを初期のベースとしていました。

 

最近ではデイヴ・スノーデンのカネヴィンフレームワークやダニエル・カーネマンの認識論、エニアグラム、エドガー・シャインのプロセスコンサルテーションなどを積極的に実践しています。

 

 

 

システム思考

STARクラブ(SystemsThinkersAppliedResearchシステム思考研究会)

 

 

 

ジェイ・フォレスターのシステムダイナミクスから、学習する組織で有名なピーター・センゲのシステム思考(第5の規律)までを、既存の理論として学びながら実際の事例に適用してマスターしていく。アカデミックな演習は理論を理解するためのものとして限定的に行い、実践事例を中心として対話と稽古を重視する。

 

創り出す・structural tension

 

プロセスワークを使って葛藤(conflict)をプロセス(process)する

 

反脆弱性Antifragile

 

CLEAN LANGUAGEクリーン・ランゲージ

 

プロセスコンサルテーション

 

カネヴィンフレームワーク

 

創り出す思考

 

<開催概要>

■日時: 毎月 第4木曜日 19:00-21:30

■会場: 東京都中央区(銀座、京橋など)

 ※会員の方に毎月MLでお知らせしています。

≫詳細・お申し込みはこちらから

 

今週のサンタフェ通信より

■エグゼクティブコーチングで絶対にやらないこと■

 

私が企業の経営者やマネジャーのコーチングを依頼されて引き受けるようになって20年以上経ちます。

 

コーチングという仕事のおかげで世界中のいろいろな人たちに出会うことができました。出会うだけでなく、それぞれの人たちの仕事や人生について深く知り、それぞれの人たちの仕事や人生が大きく変わる場面にも立ち会ってきました。

 

私が依頼されてコーチングを始めた頃には、日本でプロフェッショナルコーチという職業がほとんど認知されていませんでした。「プロのコーチ」といえばスポーツや芸能の分野の話でした。一方、ヨーロッパやアメリカの先進企業の中ではエグゼクティブコーチングがすでに人材育成や組織変革の一手段として認知されていました。私はたまたま英語でも日本語でもコーチングをすることができたので、企業クライアントには重宝され、スタートしてすぐにたくさんの実践機会を得られたのです。

 

そういうプロフェッショナル経験の中で気づいたことの中には、20年経った今でもあまり知られていないことがあります。

 

それは実践しているプロの中では常識に思えても、なぜかコーチングの参考書や教科書、学校や教室ではあまり教えられていないことのようです。プロフェッショナルコーチングの世界には厳格な守秘義務があるためもあって、本当に企業でエグゼクティブコーチングをしている人たちは自分の仕事についてあまり外部には語らないのです(世間で出版されている本の著者の多くは実際に仕事をしている人ではなく、コーチング業のプロモーションをしている人たちです)。

 

でもこれは大切なことなので、その中から今日はひとつだけお話ししましょう。

 

コーチングの依頼が私に来るときには、「こういう人がいるのでコーチングしてほしい」という形で依頼されることがほとんどです(例外はかなり少数です)。「こういう素晴らしい人がいて、コーチングしてほしい」という依頼が来ます。「こういう困った人がいてコーチングしてほしい」という依頼も来ます。「こういう素晴らしい、しかし困った人がいてコーチングしてほしい」という依頼がたくさんきます。

 

よく言っていることですが、コーチング対象の経営者やマネジャーの人たちは例外なく成功している人たちです。すでに実績を上げ、実力を培い、組織の中で重要な立場にいる人たちです。すでにリーダーシップを発揮し、マネジメントの職につき、しばしば大勢の部下や関係者と仕事をしている人たちです。豊かな才能、優れた専門性、不断の努力、立派な経歴や人格を備えた人たちばかりです。事前情報に接すると、「こういう人がコーチングを必要としているのか」と人物像を心に描くのが普通です。

 

そして実際にその人物に出会うと何が起こるでしょうか。

 

周囲の風評がまるで当たらないことが珍しくないのです。その人物の別の面がたちまち姿を表すことも少なくありません。

 

エグゼクティブコーチングでは、本人と話をするだけでなく、部下や同僚などの関係者からも話を聞きます。多くの場合、事前に聞いた情報と矛盾しない話を聞きます。しかししばしば新しい情報を耳にします。そして第一印象でステレオタイプを持ってしまうと、新しい情報を十分に理解することの妨げになるのです。

 

「この人はこういう人だ」というレッテルを絶対に貼らないこと。うっかり貼ってしまったときはいつでも剥がせるようにしておくこと。

 

これがエグゼクティブコーチングを引き受ける私がプロとして自分に課している鉄則です。

 

人間には色々な面があります。職場で部下に見せている顔が全てではありません。ところが私たちは、自分の目に見えたその人の人物像や、周囲の評判に現れたその人の人物像を、その人物そのものとすぐに混同してしまうのです。

 

一切のステレオタイプを捨てること。一切の先入観や偏見を捨てること。一切の第一印象や第二印象を捨てること。

 

これはただの理屈ではありません。たゆまぬ実践なのです。

 

サンタフェ通信4月3日より

 

※サンタフェ通信は無料メールマガジンです。

田村洋一のメッセージ、STARクラブイベントの最新情報をメールでお届けしています。

 

 

 

サンタフェ通信

 

 

 

サンタフェの空を行く雲や流れる水のように執着せず淡々と生きる…週刊サンタフェ通信は自由で創造的な仕事と生活をサポートします。登録すると毎週金曜日の朝にニュースレターが届きます。

 

≫ご登録はこちらから

 

新着イベント

 

■□■イベントスケジュール案内■□■

 

4/9(木)夜 オブジェクティブコーチングマスタークラス(3)

 

4/10(金)夜 ロバート・フリッツ監修 ピクチャリング専科コース(4)

 

4/11(土) FIZ(Facilitation in Zoom)トレーニング

 

4/11(土)12(日)起業の成功の秘訣ワークショップ ZOOMコース

 

4/13(月)夜 ロバート・フリッツ監修 構造思考フォローアップ(5)

 

4/16(木)夜 オブジェクティブコーチングマスタークラス(4)

 

4/17(金)夜 ロバート・フリッツ監修 構造思考入門(4)

 

4/23(木)夜 STARクラブ

 

4/25(土)朝 イイカコ会 身体力学稽古会

 

4/25(土)午後 Debating in English

 

4/26(日)朝 ディベート道場 2020 第1回

 

 

 

ロバート・フリッツのワークショップに参加した人たちが学んだことを実践して自分の仕事や人生のために役立てることをサポートするためのフォローアップコースを開催します。

 

(昨年も類似のコースを開催して好評でしたが、今年はさらに効果的で参加しやすいコースにしようと思っています。)

 

創り出す思考トレーニングもChoices(人生の選択)も、数日の間に非常に深く、凝縮された学びを得るワークショップです。

 

3日間や4日間で学んだことが、そのあと何週間、何ヶ月と実践して応用していくことによって、何年も何十年も活かされていき、まさしく人生が変わり、仕事やビジネスが変わり、豊かで創造的な時間が増えていきます。

 

ワークショップに参加した皆さんは、それぞれの職場や家庭やコミュニティで学んだことを活かしていくことになります。

 

ただ、多くの学びがそうであるように、時間が経って学びが薄れていく体験をする人もいます。忙しい生活や仕事の構造に巻き取られて、実践や応用を忘れてしまう人がいるのも事実です。

 

ロバート・フリッツ監修フォローアップコースでは、毎月ロバートとのzoomカンファレンスを開き、質問や報告をするチャンスを提供します。

 

毎月zoomで(ときには実際に集合して)お互いの気づきや洞察、質問や発見を分かち合い、ワークショップで学んだことを思い出し、学んだことをしっかりと身につけ、それを創造的に活かしていく習慣を定着させます。

 

ワークショップで初めて学んだ新鮮な教えを、フォローアップコースで必要なだけ何度でも再訪し、まずは自分が習得し、ときには同僚や友人と分かち合えるレベルの理解にまで高めていきます。

 

フォローアップコースでは、他の受講者との交流が深まり、自主的な稽古や演習をするチャンスも得られます。

 

人生の構造とは何か。相互均衡サイクルのフレームは何か。それを知ることでどのように自分のパターンが変わるのか。価値としての自由、権利としての自由とは何か。揺り戻す構造から、どうやって前に進む構造に移れるのか。個人の理想と創り出す成果のビジョンとの違いは何か。価値と観念の違いは何か。リアリティを映像で見ることによって何が変わるのか。

 

フォローアップコースでは、知的疑問を解消するばかりでなく、ピクチャリングやデジタル思考など、実際のトレーニングをさらに進め、理解と経験を深めていきます。

 

 

 

ディベート道場には、経験者から全くの初心者まで一緒に学んで稽古していきます。

 

毎回、参加者のニーズに対応し、参加者の創造的な学びの場をつくることが目的です。

 

経験者が近くにいること、初心者が近くにいることで、創発的にたくさんのことを学べます。経験者は初心を忘れず、初心者は、経験者と一緒に学ぶことであらゆるハードルが下がっていくでしょう。

 

全くの初心者だからと言って心配する必要はありません。ディベート道場では個人のペースで学ぶことを大切にしています。

 

※ディベート大会への参加。セルフトレーニングコースのSkype稽古への参加は強制ではありません。

 

 

 

マスタークラスとは

 

コーチングを実践するプロフェッショナルからレッスンを受け、現実にコーチングを活用・利用できる少人数プログラムです。高い意欲と目標を持つ受講者が30時間にわたって直接指導を受け、コーチングのスキルとマインドを身につけるクラスです。

 

20世紀後半から20数年の間に、コーチングという職業や実践方法は世界中に広まってきました。当初はごく一部の企業や個人が占有していたプロフェッショナルなコーチング技術が、今では一般の社会人、ビジネスマン、教育者にも手の届く方法となっています。かつてはごく一部の経営幹部だけが受けていたコーチングも、今では企業のさまざまな立場の人から企業以外のさまざまな職業の人までが対象となっています。

 

ところが、せっかくコーチングを本で学んだり学校で勉強したりしても、実際に十分活用できるようになる人はごくわずかです。コーチングという技術を習得して独立してビジネスにできる人も非常に限られています。

 

マスタークラスでは、

 

・コーチングとは何か ー コーチングはコミュニケーションの技法ではない

 

・プロフェッショナルの心得 ー コーチングの手順と姿勢と精神

 

・なぜコーチングが必要なのか ー コーチングによって何が可能になるのか

 

・コーチングをビジネスとして成立させる方法 ー なぜコーチングを勉強しても使えないのか

 

・コーチングをあらゆる日常に活かす方法 ー コーチングと他のアプローチとの違いと併用

 

などを学び、受講者が自分の目標と価値観に応じてスキルの稽古、マインドの醸成、現実への実践ができるようにガイドしていきます。

 

 

動画

 

 

どうやってお金を稼ぐのがいいのでしょうか。どのようにお金を使うのがいいのでしょうか。お金を儲けすぎるのは罪なのでしょうか。それともお金はいくらあっても腐らない、あったらあっただけいいものなのでしょうか。

 

20世紀の思想家アイン・ランドは、お金をクルマのようなものだと言います。行きたいところに連れていってくれる乗り物です。でもクルマを運転するのは自分です。運転の仕方を知り、行き先を知らなければいくらお金を持っていても意味がありません。

 

ヤロン・ブルックは、アイン・ランドの哲学オブジェクティビズムに依拠しながら、彼の専門である金融をベースにしてお金の秘密を紐解いてくれます。お金について考え、対話し、ときには議論して、仕事や生活や、現在や将来のために自分が何をできるかを探求していきたいと思います。

 

ヤロン・ブルック白熱教室〜アイン・ランド哲学とマネーの未来

 

書籍

 

『偉大な組織の最小抵抗経路』ロバート・フリッツ著、田村洋一訳

 

 

前進するか、揺り戻すか“構造"が組織の運命を決める
組織を甦らせ、志と価値を実現する普遍の原理

 

【序文ピーター・センゲ(『学習する組織』著者 )より】
“私が最初にロバートと仕事をともにするようになって20年以上が経つ。
以来、ずっと変わりなくロバートは友人であり、私のメンターであり続けた。複雑なテーマを解き明かし、単純明快な原理で効果的なアクションに導くロバートの手際にはいつも驚かされる。
しかし、ロバートの単純明快さはしばしば誤解されやすい。物事を矮小化する単純さではなく、物事を浮かび上がらせる非凡な単純化なのだ。
つまらないアイデアを複雑にしてみせる安直なビジネス書やマネジメント手法が流行する昨今、幅広い生の現場体験に裏打ちされた深い洞察を見事なほどシンプルに提示してくれるものは滅多にない。"

 

『自意識(アイデンティティ)と創り出す思考』ロバート・フリッツ、ウェイン・S・アンダーセン著、田村洋一監訳

 

 

人生やビジネスを創り出すのに自分が何者かなんて関係ない!
―理想や才能にとらわれずに望む人生を生きる

 

『不確実な世界を確実に生きる―カネヴィンフレームワークへの招待』コグニティブ・エッジ、田村洋一著

 

 

2018年5月1日朝、カネヴィンフレームワークを創造したDave Snowdenにインタビューしました。字幕つき映像で公開中です。

 

 

音声教材 STARクラブセミナーズセルフトレーニング

 

私が学んだファシリテーションの極意
インタビュースキルトレーニング
ひとりから始める事業の作り方(全3回コース)〜人並み外れた努力や才能は要らない〜
知的プロフェッショナルの思考技術
戦略コンサルタントの思考技術〜提案力を向上する〜
プロセスコンサルテーション入門講座
ほか

 


トップへ戻る