このエントリーをはてなブックマークに追加

システム思考研究会 Systems Thinkers Applied Research

 

システム思考の実践で世界が変わる

 

システム思考の実践研究

 

STARクラブは、2008年にスタートしました。その前身は「システムコーチング研究会」です。日本にまだ「システムコーチング」(ORSC:Organization and Relationship SystemsCoaching)が上陸する前に少人数でシステムコーチングの実践研究を重ねていたのです。

 

STARクラブは「システム思考の実践研究」が出発点です。その名もSystemsThinkersAppliedResearch、システム思考者による応用研究となっています。

 

聞くところによると、システム思考のバリエーションには数百もの学派・流派があるそうです。

 

STARクラブでは、特に、ロバート・フリッツの創造構造論、ピーター・センゲの学習する組織、オットー・シャーマーのセオリーU、プロセス指向心理学などを初期のベースとしていました。

 

最近ではデイヴ・スノーデンのカネヴィンフレームワークやダニエル・カーネマンの認識論、エニアグラム、エドガー・シャインのプロセスコンサルテーションなどを積極的に実践しています。

 

 

 

システム思考

STARクラブ(SystemsThinkersAppliedResearchシステム思考研究会)

 

 

ジェイ・フォレスターのシステムダイナミクスから、学習する組織で有名なピーター・センゲのシステム思考(第5の規律)までを、既存の理論として学びながら実際の事例に適用してマスターしていく。アカデミックな演習は理論を理解するためのものとして限定的に行い、実践事例を中心として対話と稽古を重視する。

 

創り出す・structural tension

 

プロセスワークを使って葛藤(conflict)をプロセス(process)する

 

反脆弱性Antifragile

 

CLEAN LANGUAGEクリーン・ランゲージ

 

プロセスコンサルテーション

 

カネヴィンフレームワーク

 

創り出す思考

 

<開催概要>

■日時: 毎月 第4木曜日 19:00-21:30

■会場: 東京都中央区(銀座、京橋など)

 ※会員の方に毎月MLでお知らせしています。

≫詳細・お申し込みはこちらから

 

今週のサンタフェ通信より

■生存ゲームと創造ゲーム■

 

サバイバルのために仕事をしている人たちが大勢います。この人たちにとって仕事とは、厳しい状況に対応して生き延びることを意味しています。殺されないこと、死なないこと、リスクを負わないことが大切で、それ以外にはありません。会社組織で働いていたなら、会社の中で誰が力を持っていて、誰が組織を牛耳っているかを知らなくてはなりません。組織から独立して働いているなら、社会のどの勢力が支配的で、誰が生殺与奪の力を持っているかを見極め、世の主流に逆らわないことが大事です。それが生き延びるために大切な知識です。

 

一方、創造のために仕事をしている人たちもいます。彼らは自分が創り出したい大小のビジョンを持っていて、自分のビジョンを実現するには何が必要かと考えています。彼らにとってもサバイバルは重要です。生き延びなければ創り出せないのですから。しかし生き残ったところで創り出せないのでは意味がありません。組織の内外の生存競争や権力闘争は、自分が創り出したいビジョンから見て重要性が決まります。多くの場合、闘争や抗争は関係ありません。構想と創造が仕事の目玉です。

 

生存ゲームをやっている人たちにとって「現実」とは、支配の構造を見ることが中心になります。例えば会社の中で社長の発言や存在が絶対であるならば、社長の言うことやることが「現実」となります。社長が交代すれば次の支配者の言うことやることが絶対となります。社内の「空気」を読んで空気に逆らうことはやらないほうが身のためです。それ以外に現実など存在しないのです。

 

創造ゲームをやっている人にとっての現実は違います。会社や社会の中における力関係は単なる現実の一断面に過ぎません。金や力を持った人の協力は必要で、妨害は無用だから、政治や人間関係に無頓着というわけにはいきませんが、そのことと現実そのものとは別の話なのです。

 

さて、生存ゲームに忙しい人にはこのことが理解できません。「現実」を無視して何のゲームがあるんだと首をひねります。一方、創造ゲームのプレイヤーは、サバイバルが目標の人たちの思考を理解するのが難しいことがあります。権力者や支配者の意見や、世間の主流のパラダイムは、あくまでも自分のビジョンの見地から認識される事実の一部に過ぎないというのに、それがどうして現実の全部だと思っているのかがわからないのです。

 

生存ゲームしか知らない人たちがたくさんいます。生存重視で暮らしながら余裕のあるときだけ創造ゲームにも参加する人もいます。もともと創造ゲームをしていたのに何の因果かすっかり生存ゲームに明け暮れるようになってしまった人たちもいます。

 

年がら年中創造ゲームにばかり勤しんでいる人たちは奇人変人と呼ばれています。

 

歴史的に見ると、100年前は人類の大多数が生存ゲームしかできませんでした。多くの人が日々を生き延びるので精いっぱいだったのです。ごく少数のエリートや芸術家や発明家だけが創造ゲームに参加していました。

 

現代日本の人口の大半は、いわゆる貧困家庭の子女も含めて、自分の意思でゲームを選べます。地位や力や財産や才能は関係ありません。そんなものがあろうがなかろうが関係なく、自分の意思で創造ゲームを選択することができるのです。

 

あなたは毎日どちらのゲームを選択しているのでしょうか。

 

サンタフェ通信8月23日より

 

※サンタフェ通信は無料メールマガジンです。

田村洋一のメッセージ、STARクラブイベントの最新情報をメールでお届けしています。

 

 

 

サンタフェ通信

 

サンタフェの空を行く雲や流れる水のように執着せず淡々と生きる…週刊サンタフェ通信は自由で創造的な仕事と生活をサポートします。登録すると毎週金曜日の朝にニュースレターが届きます。

 

≫ご登録はこちらから

 

新着イベント

 

■□■イベントスケジュール案内■□■

 

8/24(土)夜 ディベート道場 セルフトレーニングコース

 

8/29(木)夜 STARクラブ

 

8/30(金)夜 アンチフラジール研究会

 

8/31(土)午前午後 STARクラブ入門ワークショップ

 

9/5(木)夜 オブジェクティビズム研究会

 

9/7(土)朝 ディベート道場 2019(6)

 

9/7(土)夜 オブジェクティブコーチング道場2019

 

ロバート・フリッツ来日ワークショップ2019
9/20-23 創り出す思考
9/27-29 Choices

 

ロバート・フリッツ出版記念セミナー
9/24 「組織の成功をデザインするリーダーシップ〜会社の運命は“構造”が決める」

 

9/25 Zen and the Path of Least Resistance - Robert Fritz & Issho Fujita

 

ロバート・フリッツ来日ワークショップ2019

 

 

 

世界中で8万人以上が受講した創造プロセスと構造思考のトレーニング

 

昨年に引き続き、2019年にもロバート・フリッツを日本に呼ぶことになりました。去年ロバートから学んだ人も、今年初めてロバートに会う人も、このチャンスをぜひ活かしてください。

 

ロバートから学ぶのが衝撃的で革命的であることについては、私自身が未だに驚いています。去年の秋の来日以降も学びが続いています。少しお話しさせてください。

 

まず、ロバートは多くの人たちが呼ぶところの天才です。ロバートを師匠と呼ぶピーター・センゲは、学習する組織やシステム思考の発展過程でロバートの明晰な思考と実践が決定的な役割を果たしていると言っています。実際にThe Fifth Discipline(邦訳「学習する組織」)などの著書や論文で展開されているキーコンセプトのいくつかはロバートによる構造思考に源流があります。

 

多くの人が複雑さを前に立ちすくんでしまう時に、ロバートは常に創造的なアプローチをとり、比類のない成果を上げています。もともと作曲家であり、音楽のプロとしてのバックグラウンドを持ちながら、企業組織のコンサルティング、芸術家のトレーニング、映画の製作・監督など、さまざまな分野での活躍は、ロバートが狭い分野の専門家ではなく、創造という広い世界のプロであることを物語っています。

 

次に、ロバートは素晴らしいコミュニケーターです。多くのクリエイターやアーティストが作品を作ることに秀でていながら、その方法を説明できないというのとは対照的に、ロバートは創造プロセスを明るみに出し、これでもかというほど具体的にその方法を指し示してくれます。自分でやるだけでなく、やり方を紐解いて他の人に見せて教える名人でもあるのです。これはなかなかできることではありません。

 

「創造プロセスは人類が発明した中で最も成功した方法だ」とロバートは喝破します。創造プロセスは芸術家や製作者など一部の人たちの専売特許ではなく、私たち人類全てに開かれたフリーウェアなのです。ロバートはその発見を惜しげもなく共有してくれます。

 

私がロバートの考え方に出会ったのは今から27年前です。それはこれまで知っていたどんな方法とも異なる画期的なアプローチでした。

 

世の中のほとんどの人が問題解決にかまけている時、ロバートは常に創造の視点で考え、創造の方法を示します。世の中のほとんどの人が状況に埋もれて四苦八苦している時、ロバートは常に構造的に考え、「母なる構造」(Mother Structure)を味方につけて創り出したい結果を創り出します。世の中のほとんどの人が複雑さや不確実性に圧倒されている時、ロバートは常に明快な方向を見出してくれます。

 

 

 

 

「創り出す思考」(Think and create)はプロフェッショナル志向です。コーチング、コンサルティング、カウンセリングなどの人を援助する職業の人や、組織のマネジャー、リーダーなど人を率いる仕事の人にうってつけで、ロバートの革新的なメソッドやテクニックを仕事にどんどん使っていきたい人に向いています。

 

「Choices」(選択)は、同じ方法を自分自身に当てはめて応用する三日間です。自分自身の人生をありのままに見つめ、人生を決定する根底の構造を発見し、構造的に変えていきます。多くの受講者が三日間で具体的な変化を実感できると言います。

 

自分自身の選択を変えることができれば、もちろんビジネス、仕事、職業キャリアを変えていくことも可能になります。

 

両方とも素晴らしいワークショップです。

 

私は7月にバーモントで開催されたChoicesワークショップに参加してきました。飛行機でボストンに飛び、そこからレンタカーを運転して数時間かけてバーモントに行ってきました。バーモントは自然の美しい素晴らしいところです。そしてワークショップは大きな期待をさらに上回る特別な学習体験でした。たった3日間のうちにこれからの未来を変えていくような大きな学びがありました。

 

9月に東京で受けられる人は本当にラッキーです。日本にいながらにしてロバートとロザリンドから教わることができるのですから。

 

 

オブジェクティブコーチング道場2019インタビュー

・オブジェクティブコーチング道場の特徴

・オブジェクティブコーチングとは何か

・オブジェクティブコーチングの実践と可能性

 

オブジェクティブコーチング道場(OC道場)は、コーチングの初心者から第一線のプロまで、さまざまな経験レベルの人たちの稽古場です。

 

初心者の人たちは、コーチングの基礎から学び、プロとして実践できるレベルを目指します。スキルや心構えが大切なことはもちろんですが、全体を通して知識や技術以上のことを学びます。

 

コーチングを職業として選択しない人たちは、自己開発・自己成長の手段としてオブジェクティブコーチングを活用できます。オブジェクティブコーチングは、自分自身を客観的に知り、自分の実現したい仕事や人生を実現するための方法です。単なるコミュニケーションの技術ではありません。認知・認識・発達を促進する方法です。

 

オブジェクティブコーチングの方法を自分自身のために活用できたら、人間関係を通じて他の人のために使うことができるようになります。

 

道場では、安全な場で互いの稽古を通じてコーチングの方法を学び、学びながら自分自身の成長や他者への関わりを促進していくことができます。

 

すでにクライアントを持ち、コーチングを実践しているプロフェッショナルの人たちは、オブジェクティブコーチングを熟知することによって、自分自身の実践を見直し、磨きをかけることが可能になります。

 

また、コーチングを過去に学んで充分に活用できなかった人は、自分にとって必要な方法を見出し、シンプルに統合することを学びます。

 

オブジェクティブコーチング道場は生涯学習の場です。卒業や完了はありません。ただし1年間の修了時に所定の出席とスキルを認定された参加者には、学習時間とスキル認定の修了証を発行します。

 

 

 

ディベート道場には、経験者から全くの初心者まで一緒に学んで稽古していきます。

 

毎回、参加者のニーズに対応し、参加者の創造的な学びの場をつくることが目的です。

 

経験者が近くにいること、初心者が近くにいることで、創発的にたくさんのことを学べます。経験者は初心を忘れず、初心者は、経験者と一緒に学ぶことであらゆるハードルが下がっていくでしょう。

 

全くの初心者だからと言って心配する必要はありません。ディベート道場では個人のペースで学ぶことを大切にしています。

 

※ディベート大会への参加。セルフトレーニングコースのSkype稽古への参加は強制ではありません。

 

 

動画

 

 

どうやってお金を稼ぐのがいいのでしょうか。どのようにお金を使うのがいいのでしょうか。お金を儲けすぎるのは罪なのでしょうか。それともお金はいくらあっても腐らない、あったらあっただけいいものなのでしょうか。

 

20世紀の思想家アイン・ランドは、お金をクルマのようなものだと言います。行きたいところに連れていってくれる乗り物です。でもクルマを運転するのは自分です。運転の仕方を知り、行き先を知らなければいくらお金を持っていても意味がありません。

 

ヤロン・ブルックは、アイン・ランドの哲学オブジェクティビズムに依拠しながら、彼の専門である金融をベースにしてお金の秘密を紐解いてくれます。お金について考え、対話し、ときには議論して、仕事や生活や、現在や将来のために自分が何をできるかを探求していきたいと思います。

 

ヤロン・ブルック白熱教室〜アイン・ランド哲学とマネーの未来

 

書籍

 

『偉大な組織の最小抵抗経路』ロバート・フリッツ著、田村洋一訳

 

 

前進するか、揺り戻すか“構造"が組織の運命を決める
組織を甦らせ、志と価値を実現する普遍の原理

 

【序文 ピーター・センゲ(『学習する組織』著者 )より】
“私が最初にロバートと仕事をともにするようになって20年以上が経つ。
以来、ずっと変わりなくロバートは友人であり、私のメンターであり続けた。複雑なテーマを解き明かし、単純明快な原理で効果的なアクションに導くロバートの手際にはいつも驚かされる。
しかし、ロバートの単純明快さはしばしば誤解されやすい。物事を矮小化する単純さではなく、物事を浮かび上がらせる非凡な単純化なのだ。
つまらないアイデアを複雑にしてみせる安直なビジネス書やマネジメント手法が流行する昨今、幅広い生の現場体験に裏打ちされた深い洞察を見事なほどシンプルに提示してくれるものは滅多にない。"

 

『自意識(アイデンティティ)と創り出す思考』ロバート・フリッツ、ウェイン・S・アンダーセン著、田村洋一監訳

 

 

人生やビジネスを創り出すのに自分が何者かなんて関係ない!
―理想や才能にとらわれずに望む人生を生きる

 

『不確実な世界を確実に生きる―カネヴィンフレームワークへの招待』コグニティブ・エッジ、田村洋一著

 

 

2018年5月1日朝、カネヴィンフレームワークを創造したDave Snowdenにインタビューしました。字幕つき映像で公開中です。

 

 

音声教材 STARクラブセミナーズセルフトレーニング

 

私が学んだファシリテーションの極意
インタビュースキルトレーニング
ひとりから始める事業の作り方(全3回コース)〜人並み外れた努力や才能は要らない〜
知的プロフェッショナルの思考技術
戦略コンサルタントの思考技術〜提案力を向上する〜
プロセスコンサルテーション入門講座
ほか

 


トップへ戻る