システム思考 | Systems Thinkers Applied Research

このエントリーをはてなブックマークに追加

システム思考研究会 Systems Thinkers Applied Research

 

システム思考の実践で世界が変わる

 

システム思考の実践研究

 

STARクラブは、2008年にスタートしました。その前身は「システムコーチング研究会」です。日本にまだ「システムコーチング」(ORSC:Organization and Relationship SystemsCoaching)が上陸する前に少人数でシステムコーチングの実践研究を重ねていたのです。

 

STARクラブは「システム思考の実践研究」が出発点です。その名もSystemsThinkersAppliedResearch、システム思考者による応用研究となっています。

 

聞くところによると、システム思考のバリエーションには数百もの学派・流派があるそうです。

 

STARクラブでは、特に、ロバート・フリッツの創造構造論、ピーター・センゲの学習する組織、オットー・シャーマーのセオリーU、プロセス指向心理学などを初期のベースとしていました。

 

最近ではデイヴ・スノーデンのカネヴィンフレームワークやダニエル・カーネマンの認識論、エニアグラム、エドガー・シャインのプロセスコンサルテーションなどを積極的に実践しています。

 

 

 

システム思考

STARクラブ(SystemsThinkersAppliedResearchシステム思考研究会)

 

 

ジェイ・フォレスターのシステムダイナミクスから、学習する組織で有名なピーター・センゲのシステム思考(第5の規律)までを、既存の理論として学びながら実際の事例に適用してマスターしていく。アカデミックな演習は理論を理解するためのものとして限定的に行い、実践事例を中心として対話と稽古を重視する。

 

創り出す・structural tension

 

プロセスワークを使って葛藤(conflict)をプロセス(process)する

 

反脆弱性Antifragile

 

CLEAN LANGUAGEクリーン・ランゲージ

 

プロセスコンサルテーション

 

カネヴィンフレームワーク

 

創り出す思考

 

<開催概要>

■日時: 毎月 第4木曜日 19:00-21:30

■会場: 東京都中央区(銀座、京橋など)

 ※会員の方に毎月MLでお知らせしています。

≫詳細・お申し込みはこちらから

 

今週のサンタフェ通信より

■テンションはギャップでない■

 

ロバートの教える「創り出す思考」の目玉は緊張構造です。

 

緊張構造とは、行きたいところと今いるところの間に生じるテンションのことです。弓に矢をつがえて引き絞れば的と矢の間に緊張が生じる、この緊張がパワーとなって矢を的に飛ばす。ここで生じる構造的な緊張はパワーとなります。

 

この緊張、テンションをギャップと取り違える人が非常に多いのです。「ああ、ギャップ分析のことですね」と問題解決のフレームに置き換えてしまうのです。

 

テンションはギャップではありません。創造行為は問題解決ではありません。両者は水と油、月とスッポンほど違うものです。

 

「ギャップとは何か」と言ってロバートはマドンナやブリジッド・バルドーなどの顔写真を次々と見せ、「ほら、これがギャップだ」と彼女らの前歯の間の隙間を指し示します。ギャップとは、隙間、間が空いていて、何もないことを言います。

 

一方、テンションは、そこにパワーがあることを示しています。弓に矢をつがえたときに生じるパワーのことです。それはギャップではありません。何もないのではなく、パワーがそこにあるのです。

 

「ない」ことと「ある」ことの違い。この違いを知ってください。

 

緊張構造を理解していない人だけがそれをギャップ分析と取り違えます。ギャップ分析する人たちはせっかくの緊張構造を台無しにし、おなじみの問題解決に走ってしまいます。これが非常に残念なことです。

 

問題解決(problem solving)と創造(creating)は全く違います。

 

問題解決は(特にビジネスの文脈で言われる問題解決は)何かをなくすことを言います。一方、創造とは今ない何かを生み出すことを言います。やっていることが180度違います。子供を殺すのと子供を産むのとの違いほど違います。

 

これは単なる物の見方の違いではありません。言葉の綾でもありません。実際の中身が違うし、プロセスが違うし、心の向き方も違います。何から何まで違うのです。

 

私たちがリーダーとしてビジネスでやりたいのは、問題解決志向をやめ、創造志向へと移行することです。

 

何年も何十年も問題解決をやってきた人、トレーニングしてきた人、教わってきた人、教えてきた人は、「問題解決ではなく創造」と言われても、その違いに気づかなかったり、「まあ、それは言葉の綾で、高度な問題解決は結局のところ創造と同じだろう」などとごまかして、自分が投資してきた問題解決という宗教を捨てられずにいます。

 

馬を水辺まで連れて行っても水を飲ませることはできない。できることは水辺に連れていくことだけです。

 

問題解決をいくら極めても、解決手法をどんなに洗練させても、何かを創り出すことはできません。問題を一時的に消すことしかできないのです。

 

テンションはギャップではないのです。

 

サンタフェ通信10月5日より

 

※サンタフェ通信は無料メールマガジンです。

田村洋一のメッセージ、STARクラブイベントの最新情報をメールでお届けしています。

 

 

 

サンタフェ通信

 

サンタフェの空を行く雲や流れる水のように執着せず淡々と生きる…週刊サンタフェ通信は自由で創造的な仕事と生活をサポートします。登録すると毎週金曜日の朝にニュースレターが届きます。

 

≫ご登録はこちらから

 

新着イベント

 

■□■イベントスケジュール案内■□■

 

10/11(木)夜 中動態の世界を生きる研究会

 

10/13(土)午前・午後 ディベート道場 JDA大会出場予選

 

10/14(日)朝 オブジェクティブコーチング道場2018(9)

 

10/21(日)朝 ディベート道場 2018

 

10/25(木)夜 STARクラブ

 

10/31(金)夜 ゲーテ読書会

 

11/7(水)夜 アンチフラジール研究会

 

 

 

創造プロセスと構造思考を学ぶ3泊4日のワークショップです。ロバート・フリッツとロザリンド・フリッツの二人が直接教えます。
新しい思考方法を学び、構造力学の主要原理を理解し、受講者どうしで活発な演習に取り組みます。また、ロバートのデジタル意思決定を学ぶことにより、複雑な状況においてもシャープな判断を下すことを学びます。

 

 

 

「人間や物事のふるまいを決定づける構造」を明らかにした世界的ベストセラー「The Path of Least Resistance」(未邦訳)の著者ロバート・フリッツが初来日します。ロバート・フリッツの構造思考は『学習する組織』(ピーター・センゲ著)などで展開されている複数のキーコンセプトに影響を与えています。ロバート・フリッツの新刊『自意識と創り出す思考』出版記念セミナー(逐次通訳あり)では、著者の講演、監訳者との対談、参加者Q&Aによって「自意識」「理想と才能」「創り出す思考」などについて理解を深め、参加者のみなさんと「創り出す力を解き放つ」探求をしていきたいと思います。

 

 

 

今この場所にいるあなたは、今までにしてきた何千もの選択の産物です。

 

中には人生の大きな分岐点となった大事な選択もあったことでしょう。ほとんど意識に上らなかったような小さな選択も、深いところであなたの人生に影響を与えています。

 

今これからする選択は、あなたの未来を規定するでしょう。でも、未来に最も大きな影響を与えるのは、単にどんな選択をするかということではなく、その選択がどのような「根底にある構造」の上になされるのかということに他なりません。このワークショップでは、結果を創ることに歴史上最も成功しているプロセスである「創造プロセス」の構造について学びます。

 

ひとつ、参加に向けてお伝えしたい洞察は、“あなたの「根底にある構造」が、あなたが人生で到達できる成功のレベルを規定する”ということです。このワークショップは、その構造をよりよいものに変えるための機会です。自分の人生を、あなた自身の最高の志と心からの価値観に寄り添ったものにしていくために。

 

これは変容のワークショップです。参加することで、あなたは人生を新たにスタートさせたり、新たな力を得たり、未来に向けて新鮮で、明快で、確固とした土台を得ることができる可能性に満ちています。あなたにとって、今ここから戦略的に選択していくことを始める以上に、人生に関わる大事なことなどあるでしょうか?

 

ロバート・フリッツ

 

 

 

 

オブジェクティブコーチング道場(OC道場)は、コーチングの初心者から第一線のプロまで、さまざまな経験レベルの人たちの稽古場です。

 

初心者の人たちは、コーチングの基礎から学び、プロとして実践できるレベルを目指します。スキルや心構えが大切なことはもちろんですが、全体を通して知識や技術以上のことを学びます。

 

1月時間モデルと緊張構造
2月 傾聴と認知1
3月 傾聴と認知2
4月「やる」(make)と「なる」(let)
5月 基礎スキルの応用と実践
6月オブジェクティブコーチングの目的
7月 メタスキル 技術や知識の下部構造
8月 なぜコーチングが効果的なのか
9月プロフェッショナルなコーチングの条件
10月 なぜクライアントはコーチングに投資するのか
11月オブジェクティブコーチングにおいて最も大切なこと
12月1年間の振り返りと今後の展望

 

(各月のテーマは道場参加者のニーズ等によって変わります)

 

コーチングを職業として選択しない人たちは、自己開発・自己成長の手段としてオブジェクティブコーチングを活用できます。オブジェクティブコーチングは、自分自身を客観的に知り、自分の実現したい仕事や人生を実現するための方法です。単なるコミュニケーションの技術ではありません。認知・認識・発達を促進する方法です。

 

オブジェクティブコーチングの方法を自分自身のために活用できたら、人間関係を通じて他の人のために使うことができるようになります。

 

道場では、安全な場で互いの稽古を通じてコーチングの方法を学び、学びながら自分自身の成長や他者への関わりを促進していくことができます。

 

すでにクライアントを持ち、コーチングを実践しているプロフェッショナルの人たちは、オブジェクティブコーチングを熟知することによって、自分自身の実践を見直し、磨きをかけることが可能になります。

 

また、コーチングを過去に学んで充分に活用できなかった人は、自分にとって必要な方法を見出し、シンプルに統合することを学びます。

 

オブジェクティブコーチング道場は生涯学習の場です。卒業や完了はありません。ただし1年間の修了時に所定の出席とスキルを認定された参加者には、学習時間とスキル認定の修了証を発行します。

 

 

 

ディベート道場には、経験者から全くの初心者まで一緒に学んで稽古していきます。

 

毎回、参加者のニーズに対応し、参加者の創造的な学びの場をつくることが目的です。

 

経験者が近くにいること、初心者が近くにいることで、創発的にたくさんのことを学べます。経験者は初心を忘れず、初心者は、経験者と一緒に学ぶことであらゆるハードルが下がっていくでしょう。

 

全くの初心者だからと言って心配する必要はありません。ディベート道場では個人のペースで学ぶことを大切にしています。

 

※ディベート大会への参加。セルフトレーニングコースのSkype稽古への参加は強制ではありません。

 

 

書籍

 

『自意識(アイデンティティ)と創り出す思考』ロバート・フリッツ、ウェイン・S・アンダーセン著、田村洋一監訳

 

 

人生やビジネスを創り出すのに自分が何者かなんて関係ない!
―理想や才能にとらわれずに望む人生を生きる

 

【自意識(identity)とは】
自分は何者だ、自分はこうだ、と自分自身について思っていること。自意識を強く持っていることによって学習が阻害され、本来の創造行為が妨げられる。また、成功しても自意識の問題によって逆転が起こり、成功が長続きしない。自意識とは何か、どうしたらいいのか、が本書のメインテーマである。

 

【本文より】
読者の中には、いい自己イメージが大切だとずっと聞かされ続けてきた人もいるかもしれない。
しかし本書を読むうちに、自己イメージなど全く大切ではないということがわかるだろう。
本当に大切なのは、いかに効果的に自分が生きたい人生を構築できるかなのだ。
本書では、そのことを構造的、精神的、心理的、医療的、そして生物学的次元で次々と解き明かしていく。

 

『不確実な世界を確実に生きる―カネヴィンフレームワークへの招待』コグニティブ・エッジ、田村洋一著

 

 

版元サイトで購入【音声特典付き】
https://evolving.theshop.jp/items/10877466

 

2018年5月1日朝、カネヴィンフレームワークを創造したDave Snowdenにインタビューしました。字幕つき映像で公開中です。

 

私たちの世界は複雑なことや不確実なことにあふれています。この不確実な世界をどのように生きたらいいのでしょうか。

 

多くの人たちは、ある種の諦めをもって暮らしています。先のことはわからない、わからないことを考えてもしかたない、わかる範囲で生きていこう、という態度です。不確実なことを不可知なことと捉えて思考停止しているのです。

 

また多くの人たちは、どんなに複雑なことがあってもできる限りの情報収集とデータ分析をして予測を行い、単純な予測に基づいて行動しています。昨今蔓延している「エビデンス信仰」もその一種です。エビデンスのあることを信じ、エビデンスのないことは信じない、という単純明快な態度です。

 

どちらのスタンスをとるのも、場合によっては悪くありません。日常が平穏で予測可能な範囲で進行しているときは、さほど深く考えなくても大過ないし、また情報解析によって解明できるくらいの複雑さであれば分析やデータ主義も役に立ちます。

 

それでは困るのは、事態がもっと複雑で不確実なときです。分析や予測が著しく困難または不可能で、シンプルな経験則が当てはまらない、新しい状況です。

 

カネヴィンフレームワークは複雑系における意思決定のモデルです。このどちらでもない状況における、第三のスタンスを可能にしてくれます。

 

もし事態が自明であり、きちんと考えれば正しい答えがある状況ならば、ベストプラクティスを見つけて従うことです。社会のルールや組織の慣行に従うことで解決することは少なからずあります。

 

もし事態が煩雑であり、分析や専門家のガイダンスを要することであれば、しかるべき専門知と分析に頼るべきです。

 

もし事態が緊急を要する危機状態であれば、しのごの言う前に行動すべきです。できる人ができることをするのです。

 

思考停止でもなく分析過剰でもない、第三のスタンスは、「やってみなければわからない」複雑さ、霧の中を歩いていくような不確実な世界の歩き方を教えてくれるものです。

 

それは単なる危機管理ではなく、イノベーションを生み出す方法でもあります。たくさん試行錯誤して「失敗」から成功を見出すアプローチです。

 

昔から「失敗は成功のもと」と言われるのに、失敗すると失敗の烙印を押されてしまうことが多く、特に保守化した組織や社会の中では「失敗しないようにする」「失敗してもひた隠しにする」ということが横行しています。

 

カネヴィンフレームワークが教えてくれる知恵のひとつは、セーフ・フェイル(安全な失敗)というアプローチです。致命的にならない安全な失敗を許すことによって先の見えない世界をナビゲートし、イノベーションを可能にするのです。

 

 

音声教材 STARクラブセミナーズセルフトレーニング

 

私が学んだファシリテーションの極意
インタビュースキルトレーニング
ひとりから始める事業の作り方(全3回コース)〜人並み外れた努力や才能は要らない〜
知的プロフェッショナルの思考技術
戦略コンサルタントの思考技術〜提案力を向上する〜
プロセスコンサルテーション入門講座
ほか

 


トップへ戻る