システム思考 | Systems Thinkers Applied Research

このエントリーをはてなブックマークに追加

システム思考研究会 Systems Thinkers Applied Research

 システム思考研究会で実践しているシステム思考の応用範囲は、コーチング、ファシリテーション、マネジメント、リーダーシップなどに限られません。日常のあらゆる場面にあります。私たちは誰でも職場、家庭、友人、地域共同体など、周囲の人や組織と関わりを持ちながら暮らしているからです。自分がシステムの一部であることを自覚し、そのシステムにどんな影響を与えているのか、また与えうるのかを知ることで、現実をダイナミックに動かすことができるのです。

 

システム思考の実践で世界が変わる

 

システム思考の実践研究

 

STARクラブは、2008年にスタートしました。その前身は「システムコーチング研究会」です。日本にまだ「システムコーチング」(ORSC: Organization and Relationship Systems Coaching)が上陸する前に少人数でシステムコーチングの実践研究を重ねていたのです。

 

STARクラブは「システム思考の実践研究」が出発点です。その名も Systems Thinkers Applied Research、システム思考者による応用研究となっています。

 

聞くところによると、システム思考のバリエーションには数百もの学派・流派があるそうです。

 

STARクラブでは、特に、ロバート・フリッツの創造構造論、ピーター・センゲの学習する組織、オットー・シャーマーのセオリーU、プロセス指向心理学などを初期のベースとしていました。

 

最近ではデイヴ・スノーデンのカネヴィンフレームワークやダニエル・カーネマンの認識論、エニアグラム、エドガー・シャインのプロセスコンサルテーションなどを積極的に実践しています。

 

こう言うと、いろんな理論を勉強しているかのように聞こえるかもしれません。

 

しかしSTARクラブの活動は理論の勉強ではなく、理論を実践に応用して研究することです。

 

世の中に理論はごまんとあります。いい理論もあれば悪い理論もあります。古い理論もあれば新しい理論もあります。ポピュラーな理論もあれば全く無名の理論もあります。

 

STARクラブでは、目をつけた考え方ややり方を実際に試してみて、実践の中から学び、学びを自分たちのものにしようとしています。

 

実際にやってみる。

 

このことがSTARクラブにおいては非常に重要です。

 

やってみてうまく行くことも多いし、失敗することもあります。うまく行ったらそれがなぜうまく行くのかを考え、自分たちのものにしていきます。もしうまく行かなかったらなぜうまく行かないのかを考え、自分たちのものにしていきます。

 

自分たちのものにさえしてしまえば、極端な話、理論は忘れてもいいのです。理論というのは、あくまでも何かを学んだり共有したりするためのツールです。

 

そして実践の中からまた理論が創発されていきます。

 

それを繰り返しているのがSTARクラブの活動です。

 

システム思考の応用範囲

 

STARクラブ(システム思考研究会)で実践しているシステム思考の応用範囲は、コーチング、ファシリテーション、マネジメント、リーダーシップなどに限られません。日常のあらゆる場面にあります。私たちは誰でも職場、家庭、友人、地域共同体など、周囲の人や組織と関わりを持ちながら暮らしているからです。自分がシステムの一部であることを自覚し、そのシステムにどんな影響を与えているのか、また与えうるのかを知ることで、現実をダイナミックに動かすことができるのです。

 

STARクラブでは、従来のシステム思考を超えた最先端の理論や方法を用いて、職場や生活の場面で実践、応用することに主眼を置いています。

 

STARクラブのコミュニティには実にさまざまな人たちが集まっています。会社勤務のビジネスマンもいれば、独立して事業を営んでいる人もいます。ビジネスの領域や仕事の種類もいろいろです。

 

ただ、ひとつ共通していることがあります。世界からいつも学ぼうとする謙虚な姿勢と知的好奇心です。

 

常に進化し続けるシステム思考の第一線の研究成果から学ぼうとします。どんなにすぐれた理論であっても、それで終わりということがありません。学んだことを実際に応用することによって常に研鑽と研究の可能性が生まれるのです。

 

学ぶ対象は教科書や学者のような権威ばかりではありません。研究会では互いの体験や観察、意見やアイデアから新たな学びが生まれます。学んだことを仕事や実生活に活用して具体的な変化が生み出されます。

 

システム思考研究の成果

 

権威の言うことや世間でもてはやされている理論であっても、自分が理解して納得できなければ意味がありません。STARクラブでは、あくまでも自分の頭で理解して自分の心で感じ、自分の身体で実践して成果を得ることを大切にしています。

 

では、その成果とは何でしょうか。

 

一人ひとりが自由な心と創造的な精神を育むことです。その自由と創造性が社会や組織を変えるパワーとなることです。

 

社会変革や組織改革のために個人が自己犠牲を払うのは本末転倒だと私は考えています。よりよい世界を創り出すために個人が不幸になる必要はありません。まず自分自身から自由になり、まず自分自身からクリエイティブになり、まず自分自身から幸福になり、それを世界で分かち合ったらいいではありませんか。

 

 Be the change you want to see in the world.

 

世界を変えたいと思うなら、まず自分自身がそれになることだ、とマハトマ・ガンジーが言っています。

 

この言葉はよく引用されるのですが、私たちはまず自分自身から実践して変わっていくことを志しています。

 

主宰・講師:田村洋一(Danna)

 組織開発ファシリテーター。企業人教育、エグゼクティブコーチング、企業組織でのコンサルティングの豊富な実践経験と、多くの優れた教育家・コーチ・コンサルタントから学んだ経験を持つ。2002年からメタノイア・リミテッド代表、ピープルフォーカス・コンサルティング顧問。ジェミニ・コンサルティング、野村総合研究所、シティバンクに勤め、日本、欧州、アジア、アメリカで大小さまざまなプロジェクトのマネジメント、国際的活動に携わる上で、ファシリテーションの多様なスタイルと方法論を駆使している。

 

 著書に『人生をマスターする方法』(2008年)、『組織の「当たり前」を変える』(2006年)、『なぜあの人だと話がまとまるのか?』(2004年)、共著書に『組織開発ハンドブック』(2005年)

 

システム思考

STARクラブ(Systems Thinkers Applied Research システム思考研究会)

 

 

ジェイ・フォレスターのシステムダイナミクスから、学習する組織で有名なピーター・センゲのシステム思考(第5の規律)までを、既存の理論として学びながら実際の事例に適用してマスターしていく。アカデミックな演習は理論を理解するためのものとして限定的に行い、実践事例を中心として対話と稽古を重視する。

 

<開催概要>

■日時: 毎月 第4木曜日 19:00-21:30

■会場: 東京都中央区(銀座、京橋など)

 ※会員の方に毎月MLでお知らせしています。

≫詳細・お申し込みはこちらから

 

今週のサンタフェ通信より

■□■アイン・ランドと利己主義の美徳 〜 自分のために生きる哲学 〜■□■

 

ヤロン・ブルック博士との哲学対話イベントには、

 

・よりよく生きるために何があったらいいのだろうか
・自分たちの住むこの社会は一体どうあるべきなのか
・社会をよくしていくために自分には何ができるのか
・他人の哲学や思想から学ぶことがあるとしたら何か

 

などと考えることのある人たちにぜひ来てもらいたいと思っています。

 

ふだん哲学や思想に興味のある人ばかりでなく、たくさんの人たちにヤロンと対話して真剣に考えるチャンスを手に入れてほしい。そういう主催者の願いからこの対話イベントは企画されました。参加費が異常に安いのもそのためです(ヤロンはこのイベントからの謝礼、渡航費、滞在費用など一切受け取らず、モデレーター兼通訳者の私や事務局スタッフも全て無償です)。

 

西洋史の最右翼の自由思想を代表する知識人でありながら、気さくでどんな議論にも朗らかに応じてくれるヤロンとの哲学対話の機会を、ぜひお見逃しなく。

 

サンタフェ通信3月17日より

 

※サンタフェ通信は無料メールマガジンです。

田村洋一のメッセージ、STARクラブイベントの最新情報をメールでお届けしています。

 

サンタフェ通信

 

 

 

サンタフェの空を行く雲や流れる水のように執着せず淡々と生きる…週刊サンタフェ通信は自由で創造的な仕事と生活をサポートします。登録すると毎週金曜日の朝にニュースレターが届きます。

 

≫ご登録はこちらから

STARクラブ公式Facebookページ

 

 

 

 STARクラブ公式Facebookページでは、イベント風景の投稿、主催者・参加者の感想、写真などの投稿が寄せられます。STARクラブイベントの様子を覗いてみたい方は是非ご覧ください。

 

≫Facebookページはこちらから

 

 

新着イベント

 

 

5/3(祝)午後 アイン・ランドと利己主義の美徳〜自分のために生きる哲学〜

 

 

 

アイン・ランドは自分の哲学をオブジェクティビズム(客観主義)と名づけ、「地球上で生きるための哲学」と呼んでいます。

 

アイン・ランドがまとめ上げた哲学体系全体はあまりにも大きく、形而上学から美学に至る全てに渡っており、これを完全に理解するのは大変に思えます。しかし私たちは哲学者になるわけではありません。ただ単に生きるための優れた方法を手に入れたいだけです。

 

哲学は誰のためのものか("Philosophy: Who needs it?")という短いレクチャーの中でアイン・ランドは、人間が生きるためには必ず哲学が要る、人間は野獣と違って生まれ持ったプログラムだけで生きて行くことはできず、自分の頭で考えざるを得ないからだ、と喝破しています。

 

ただ、哲学を学ぶ者と学ばない者との違いは、学ばない限り人は暗黙の哲学によって導かれていて、その暗黙の哲学の矛盾や間違いに気づいていないということです。

 

この意味において、宗教もまた哲学の一種です。神や超自然的存在への信仰を基盤とした世界の見方を与え、生きる指針を与えるものです。(アイン・ランドは一切の宗教を認めない世俗の哲学者としても知られていました。)

 

明示的な哲学を学ばない人は、親のしつけや学校教育や地域の生活や国の文化などから多くの暗黙の哲学を知らぬ間に身につけ、その指し示すものに思考や行動を左右されながら生きています。

 

世界中に蔓延する利他主義が、哲学を学ばない人々を陰に陽に縛っていることも事実です。

 

世間的な意味での利己主義者を自認する人間でも、自分もまた本当は世のため人のために尽くさねばならないのではないかという強迫観念や罪悪感に苛まれていることがあります。

 

オブジェクティビズムを学ぶことは、世間やアカデミズムに蔓延る矛盾や欺瞞を打ち払い、世の中に流されずに自分の人生を生きる方法を手に入れることです。

 

そのために理性は必要ですが、特別に優れた頭脳は必要ない。

 

オブジェクティビズムはエリートのための思想ではなく、自分の人生を生きる全ての人のための哲学なのです。

 

≫お申し込みはこちらから

オブジェクティブコーチング道場

 

 

オブジェクティブコーチング道場(OC道場)は、コーチングの初心者から第一線のプロまで、さまざまな経験レベルの人たちの稽古場です。

 

初心者の人たちは、コーチングの基礎から学び、プロとして実践できるレベルを目指します。スキルや心構えが大切なことはもちろんですが、全体を通して知識や技術以上のことを学びます。

 

1月 オブジェクティブコーチングとは何か
2月 思考と感情と客観性(認知モデル)
3月 オブジェクティブコーチングの目指すもの
4月 傾聴と質問 共感しないで話を聞く
5月 クライアントは誰か 人間関係のシステム
6月 オブジェクティブコーチングの成功の定義
7月 メタスキル 技術や知識の下部構造
8月 なぜコーチングが効果的なのか
9月 プロフェッショナルなコーチングの条件
10月 なぜクライアントはコーチングに投資するのか
11月 オブジェクティブではないコーチングについて
12月 オブジェクティブコーチングのアプリケーション
(各月のテーマは道場参加者のニーズ等によって変わります)

 

コーチングを職業として選択しない人たちは、自己開発・自己成長の手段としてオブジェクティブコーチングを活用できます。オブジェクティブコーチングは、自分自身を客観的に知り、自分の実現したい仕事や人生を実現するための方法です。単なるコミュニケーションの技術ではありません。認知・認識・発達を促進する方法です。

 

オブジェクティブコーチングの方法を自分自身のために活用できたら、人間関係を通じて他の人のために使うことができるようになります。

 

道場では、安全な場で互いの稽古を通じてコーチングの方法を学び、学びながら自分自身の成長や他者への関わりを促進していくことができます。

 

すでにクライアントを持ち、コーチングを実践しているプロフェッショナルの人たちは、オブジェクティブコーチングを熟知することによって、自分自身の実践を見直し、磨きをかけることが可能になります。

 

また、コーチングを過去に学んで充分に活用できなかった人は、自分にとって必要な方法を見出し、シンプルに統合することを学びます。

 

オブジェクティブコーチング道場は生涯学習の場です。卒業や完了はありません。ただし1年間の修了時に所定の出席とスキルを認定された参加者には、学習時間とスキル認定の修了証を発行します。

 

≫お申し込みはこちらから

4/16(日) 戦略コンサルタントの思考技術 〜提案力を向上する〜

 

 

メタノイア・リミテッドで10年以上に渡って2000人以上に提供してきたトレーニングをベースに、今回は提案力向上にフォーカスします。

 

多くの受講者の方がビジネス思考力の基礎を身につけながら、同時に自分自身の強みやスタイルを見出し、実践的に活用するためのヒントをつかんでいます。

 

STARクラブセミナーでは、少人数ワークショップの利点を活かして参加する皆さんの個別のニーズや目的に合った演習を行います。

 

プロのコンサルタント、営業職、企業をクライアントとするコーチ、クライアントの相談に乗るような仕事をしている人やしたい人、今回は特に提案スキルを高めたい人にお勧めします。

 

≫お申し込みはこちらから

 

 

 

 

■□■イベントスケジュール案内■□■

 

3/18(土)朝 オブジェクティブコーチング道場(3)
3/19(日)朝 ディベート道場2016(20)
3/19(日)夜 イイカコ会 〜身体力学稽古会〜
3/22(水)夜 オブジェクティビズム研究会
3/23(木)夜 STARクラブ
3/26(日)夜 頭脳が活性化する呼吸法と瞑想のクラス
4/16(日) 戦略コンサルタントの思考技術 〜提案力を向上する〜
4/22(日)朝 ディベート道場2017(1)
5/3(祝)午後 ヤロン・ブルックによるオブジェクティビズムセミナー

 




ホーム RSS購読 サイトマップ