ディベート道場 | クリティカルシャドウィング | 田村洋一

このエントリーをはてなブックマークに追加

第2回 クリティカルシャドウィング、リサーチ、立論

 

ディベート道場(セルフトレーニングコース含む)申し込みの方にはパスワードを発行できます。
お申し込みはこちらから

 

 

前半はシャドウィングをやり、クリティカルに聴く稽古をしました。後半はリサーチと立論についてレビューしました。

 

◆「クリティカルに聴く」というのは、批判的に聴くことではありません。相手の話を客観的に・構造的に・ビジュアルに聴く方法です。

 

客観的に・構造的に・ビジュアルに聴くために

 

・トゥールミンモデル(claim, data, warrant)
・ポリシーモデル(現状の世界・プラン後の世界)
・基本イシュー(重要性・内因性・解決性・コスト)

 

などの道具が使えるのです。これは日常生活で常に使える道具なので、思い出して常に使ってみてください。

 

そして隠された前提(hidden assumptions)や論理的飛躍(missing links)に気がつく習慣を身につけてください。

 

◆リサーチと立論(および立論にまつわる戦略や戦術)は、密接な関係にあります。

 

0.論題を見る
1.初期リサーチ
2.仮設設定
3.フォーカスリサーチ
4.ケース構築(立論)
5.3と4を繰り返す
S.マニアックリサーチ(教養読書)

 

ディベートにおけるリサーチのある部分は、効率よく仕事をするようなものです。時間を管理して無駄を減らし、手際よく進めないといつまでもキリがありません。

 

また、リサーチのある部分は創造性や想像力、ひらめきや思いつきが大切です。じっくりと自分の頭で考え、いろんなアイデアを生み出すのです。これには時間もかかります。が、ディベートのリサーチの面白いところです。

 

他人のアイデアを借用するのは一向に構いません。どんどん借用したらいいのです。

 

しかし、考える作業は自分でやるしかありません。誰かに頼んで代わりに考えてもらうことはできないのです。それに、まさしくそれが、他人のアイデアを借用しながらあくまでも自分で考えることこそが、ディベートの醍醐味です。

 

八百屋や魚屋で食料を買ってくる。しかし料理するのは自分です。ときには総菜屋で出来合いの料理を買ってくる。しかしそれを使ってディナーを提供するのは自分です。

 

持論を分析し、データを料理して、立論というディナーを用意する。

 

ディベートの面白さはリサーチと立論から始まります。

クリティカルシャドウィング、リサーチ、立論 | ディベート道場 | 田村洋一関連ページ

ディベート入門講座2017
ディベートは秩序立った構造を用いて独りよがりな思考に歯止めをかけます。特別な考え方に頼ることなく、地道で着実な調査と思考と議論によって真実に近づき、意思決定を行うのです。独りよがりの思考を排して議論と対話ができたら、世界はどんなふうに変わるでしょうか。
ディベート道場2017 第1回 基礎稽古とディベートのエッセンス
ディベート道場 第1回 ・基礎稽古「シャドウイング」 ディベートにおいて最初に重要なこと→「正確に聞き取る」 音読する人の声をシャドウイングする ラジオ出演者の声をシャドウイングする シャドウイングしながら「主張」「事実」「理由」を聞き分ける 健全な疑いをかける(分解していく)→反論 ・合理的意思決定のエッセンス 論題「日本は義務教育制度を廃止すべきである」 @ ランダムダウンローディング A 自由会議 B 調査ポイントを列挙する C 初期リサーチ D 立論をでっち上げる 主な立論パターン ・自分のビジョンを考える 1年間ディベート道場を続けて、1年後に何が起こっていたらいいだろうか。イメージを絵にする。 1年後、そこにたどり着くために自分がやりたいアイデアを書き出す。 その中からひとつやることを選んで決断する。3時間後、3週間、3ヶ月後、3年後はどうなるか想像する。
ディベート道場2017 BS ターンアラウンド・カウンタープラン
ディベート道場ではカウンタープランという戦術とターンアラウンドという議論の理論と実践を学びます。カウンタープランは否定側の、ターンアラウンドはサイドに関係なく、強力な武器になります。 カウンタープランはディベートの議論ではありません。肯定側のプランに対抗する政策提案です。どんな提案をすれば対抗できるのかについては定石のセオリーがあります。なぜカウンタープランが否定側の強力な戦術となるのか。根本から問い直し、実際にカウンタープランを考えてみます。 ターンアラウンドは、最も「ディベート的」な議論と言えるでしょう。白を黒、黒を白、としてしまう詭弁術を思い浮かべる人すらいます。英語で turn the tables というイディオムがあります。テーブルをひっくり返してしまう、相手の議論を転倒させてしまうのがターンアラウンドです。 どちらも教育ディベートの試合において頻繁に使われています。また、ディベートの試合ではない、通常の思考や対話においてももっともっと使われるべき思考法です。 ◆クリティカルシャドウイングの稽古 ◆教育ディベートでは分析力・創造力・実践力の3つの知力が鍛えられる。 分析しないことにはディベートは始まらない。それは本当なのか。何が本当なのか。証明はあるのか。証拠はあるのか。論拠はあるのか。結論は何なのか。もし本当ならどういうことになるのか。イシューは何か。インパクトは何か。 しかし分析をいつまでもやっていてもディベートにならない。論を創り出さなくてはならない。イマジネーションが要る。インスピレーションが要る。インテグレーションが要る。クリエイティビティが要る。 創造したことを分析し、分析したことを統合する。その行き来がなくてはディベートではない。思いつきやひらめきが大切だ。しかし思いつきやひらめきを思いつきやひらめきのレベルに留めていたら何にもならない。リサーチし、検証し、議論にまで昇華しないとならない。 そして議論をまとめてビシッと提示し、闘わなくてはならない。議論を戦わせて白黒決着をつけなくてはならない。実践的知性が必要だ。 実践的知性が必要なのは試合の局面だけではない。リサーチや作戦においても思い切りが要る。大胆な仮説を掲げたら思い切って調べ、輪郭を与えなくてはならない。いい分析やいい創造を実際に使って結果を出さなくてはならない。 じっくり分析し、どんどん創造し、きっぱり実践する。
ディベート道場2017 第3回 カウンタープラン
◆カウンタープラン カウンタープランの概要 現状のシステム・プラン後のシステム・カウンタープラン後のシステム プランとカウンタープランが互角のときジャッジの判定は…… プリザンプションについて コンディショナルカウンタープラン  ◆演習 1.論題を決める「○○すべきである」  その理由を簡単にあげる 2.クロスイグミザネーション  論題や理由について尋問する 3.カウンタープランのアイデアを出す 4.カウンタープランのアイデアをテストする a)非論題性 b)競合性 c)優位性

ホーム RSS購読 サイトマップ