ディベート道場 | アーギュメント | 田村洋一

このエントリーをはてなブックマークに追加

第5回 アーギュメントと立証

 

ディベート道場(セルフトレーニングコース含む)申し込みの方にはパスワードを発行できます。
お申し込みはこちらから

 

 

アーギュメントを考える

 

 

◆基礎稽古
シャドウイングの稽古
朗読されたものを耳で聞きながら口で繰り返す、という単純な稽古です。稽古の目的は、相手の言っていることをひと言も漏らさずに聴き、聴きながら同時に議論内容を再生する、そのプロセスによって耳と口と頭を鍛えることです。

 

ステップ1 朗読されたものを機械的にそのままリピートする。
ポイント
・意味を考えないで聞こえた音をひたすらリピートしていく

 

ステップ2 朗読されたものを言葉のフレーズでとらえてリピートする。
ポイント
・意味のまとまりをとらえてひたすらリピートしていく

 

ステップ3 朗読されたものを議論のまとまりでとらえてリピートする。
ポイント
・主張、データ、ワラントをとらえてリピートしていく

 

ディベートに習熟した人は、相手が行ったことを瞬間的に理解して反論することができます。しかしこれをそのまま真似してはいけません。相手の主張を理解しないまま、瞬間的に反論しても「ああ言えばこう言う」という意味のない言葉の応酬になってしまいます。相手の言うことを理解せずに議論を進めても、相手の言うことを誤解したまま議論を続けることになり不毛な議論が続くだけです。これではディベートする意味がありません。まずは聞き取り書き取りをできるようにする。そしてそれらをきちんと理解できるレベルまで稽古しましょう。それから議論のまとまりをとらえて、必要なら反論できることを目指しましょう。このステップをとばさないことです。

 

Q:「聴いてると喋れない、喋ると聴けない。私は聴いてるとわかろうとしてしまう。わかろうとすると喋ることが難しい。ふたつのことを同時にできない。これは個人の学習スタイルによるんでしょうか」

 

A:学習スタイルは関係ありません。稽古と慣れの問題です。慣れない人がいきなりこれをできないのは当然なのです。

 

車の運転をしながら隣の人と会話をすることはできますか。もちろんできます。車の運転に慣れた人なら、完全に安全運転しながら同時に難しい会話をすることができます。ふたつのことを同時に行うことができるのです。それは慣れているからです。

 

習うより慣れろ。

 

車の運転を習いたてで慣れていない人が、運転中に話しかけられると運転に集中できない、というのと同じです。

 

シャドウィング稽古で聴きながら同時に喋ることに慣れると、頭の中を分解して使うことがたやすくできるようになります。これはもともと同時通訳の訓練方法です。

 

昨日話をしていて思い出したのですが、1984年に初めて間近で同時通訳の様子を目撃したときの衝撃は忘れられません。今はなき斎藤美津子先生の授業で、先生がたしか国際基督教大学の学生を連れてきてブースで同時通訳をさせ、我々生徒に見せてくれたのです。

 

いま喋っている日本語が、ほぼ同時に英語に訳されていく・・・。同時通訳なのですから当たり前のことなのですが、それを我々と歳も風貌も変わらない普通の女子学生が目の前でやっている。どうして聴きながら同時に喋れるのか。天才なのか。才能なのか。

 

そこにいた他の学生たちは英語学科の学生でしたから、英語も日本語も普通に喋れます。しかし日本語を聴きながら同時に英語で喋る、英語を聴きながら同時に日本語で喋る、というのは稽古と慣れがなければ決してできないことでした。

 

しかし1年間訓練していたらある程度できるようになります。誰でもできるようになります。2年間訓練していたらかなりできるようになります。3年間訓練していたら相当できるようになります。その時点でスキルとセンスの高い人はプロとしても活動できるようになります。

 

車の運転を覚えるのが早い人と遅い人がいるように、上達スピードには個人差があります。しかし稽古せずに上達する人はいないし、稽古して上達しない人もいません。稽古と慣れは絶対の必要条件であり、十分条件なのです。

 

私はディベートも同時通訳もある程度できるようになりました。しかしそれは稽古と慣れの賜物なのです。

 

習うより慣れろ。とにかく実践することしかありません。

 

自分の個性だとか癖だとか、学習スタイルだとか性格タイプだとか、そういうことは関係ないのです。

 

◆いい/悪いディベート

 

・議論が衝突(クラッシュ)している
・悪い議論をきちんと叩いている
・終わった後に分からないことがわかる、理解が深まる
・人を攻撃しないで、議論を攻撃している
・新しい発見がある

 

ディベートは試合の前も終わった後も有益。ディベートの試合の前に「何が一番大切な議論なのか」「これは本当に論題に関係ある議論なのか」を検討するのも有意義な時間。ディベートが終わった後に「自分は何を学んだのか」「どうすればもっと上手くできるか」「日常でディベートは何の役に立つのか」を考えることがディベートの果実のひとつ。

 

 

Q:どうでもいい議論がメインになってしまい、大切な議論のやりとりが行われないような試合はいい?悪い?

 

A:大切な議論を見逃さないことが大切。重要な議論を見逃すのは、その議論を攻撃できないディベーターの責任。

 

◆ディベートゲーム

 

1.「これは正しい(だろう)と思うこと」を箇条書きにする。
2.なぜそれは正しいと言えるか立証する。
3.悪魔の代弁人 〜Devil's Advocate
ステップ@聴いて理解する
ステップA反論、批判する

 

 

◆論題の種類
事実論題・価値論題・政策、当為命題の解説
問題の範囲を決めるには?
エビデンスと呼べる基準は?

 

トップへ戻る