オブジェクティブコーチング | 思考と感情と客観性(認知モデル) | 田村洋一

このエントリーをはてなブックマークに追加

第2回 思考と感情と客観性(認知モデル)

 

オブジェクティブコーチング道場(セルフトレーニングコース含む)申し込みの方にはパスワードを発行できます。
お申し込みはこちらから

 

 

◆今月のテーマ◆
結果・価値・行動を聴き分ける

 

§ Journaling
Q1. お昼が終わった時、何が起こっていればいいですか?(Vision)
Q2. 今、この瞬間何が起こっていますか?(Reality)
Q3. 3時間後のVisionに辿り着くためには何が必要ですか?(Action)
2〜3分 2〜3人でシェア
ProcessとContextが大事
VisionとRealityが基本。Vision(志や未来)があればRealityは近づいていく。
OCは認知のメソッド。
Realityに対する執着が強いとなし崩し的に何も起こらなくなる。どちらとも大切。
シェア:手ぶらで立って目が合った人と挨拶し、Vision・Action・Realityのどれかを聴く

 

 

§ V・A・Rを聴き分ける
緊張構造はRobert Fritzが「どんなことにも構造がある」ことを発見し、体系化した。
◆用意された台詞を聴き、V・A・Rのどれに該当するかを判別する。

 

1. リアリティ、ビジョン、アクションを聞き分ける

 

今日は疲れたなあ。
早く寝よう。
明日も朝早いし。
仕事がなかなか終わらない。
これが終われば気分も晴れるだろう。
早く終わらせよう。
今日はよく晴れて気分がいい。
明日はいよいよ本番だ。
しっかり準備しておこう。
俺は頭の回転が遅い。
もう少し頭の回転が速ければいいのに。
ディベートでも学んで頭を鍛えようかな。
食べすぎで太りすぎた。
少し絶食してみよう。
やせたら昔の服も着られるわ。

 

2. 何か気づいたことはありますか。

 

Q. Rは当人の思い込みなのでは?
 → 真実であるかどうかは争っていない。額面通り受け取ることと、真実と受け取ることは異なる。
   e.g.) 「あの人は頭の回転が遅い」 ← StatementはRに対するもの
Aの中にVも入ってる。それは文脈によって決まる。
一つのAの中にVARが入れ子の構造になって入っている。
V
   V
↑  ↑   V
 /  / ↑
A  A  A
 \  \ ↑
↑  ↑   R
   R
R

 

Q. プロセスワークで言う所のEdge(Gremlin)を、Robert Fritzはどう考慮していたのか。
 → OCでは問題にFocusしない。
 頭を抑えられた状態から立とうとする時、どうするか。
 普通のやり方でできない時は普通じゃないやり方でやる。工夫する。
 Innovationは不可能なところから発生する。
Q. Vは認識しないと向かっていかないのか。
 → 認識しなくてもいいが、本当に分かると次に行くことが出来る。
 思わしくない方向へ動く時は、無意識の思い込みがあるかもしれない。
分かっていることと分かっていないことを知ることが大切。
Q. Clientの言ってることに価値付けをするのか。
 → 誰にとっての価値かを認識する。文脈は聴く側ではなくClientにある。

 

§ どのような結果に辿り着きたいかを聴く練習
V・A・R構造の中身を具体化させる
@ 結果(Result)を聴く。どうなって欲しいですか?どうなったらいいですか?
A 結果の価値(Value)を聴く。Resultに対してSo What? もしそうなったらどうなるのですか?
B 結果に繋がる行動(Action)を聴く。Now What? やる選択の他に、やらない選択もある。

 

 

§ Demo Session
Q. どうなって欲しいですか?
A. 霧が晴れて道が見えたらいいです。
Q. もし道が見えたとしたら?
A. 一歩踏み出せばいい。
Q. 踏み出すとは例えば?
A. 具体的に行動する。今はどっちに行ったらいいか分からない。
Q. その時何が起こって欲しいですか?
A. 当面の行く道が分かればいい。
Q. 手がかりがあったとしたら?
A. とりあえずそれをする。
Q. 今日はとりあえず何をしますか?
A. 霧が晴れればいいから霧が晴らすために何かをします。何が必要なのか探ります。
Tip:質問に対しストレートに応えが返って来ない時
→ イライラしたりガッカリしたりしない。よくある普通のこと。あくまでも話は聴き続ける。
  「分からない」という応えに対しては、「分かった時、何が起こったらいいですか?」と聴く。

ずっとRealityにいたがる人もいる(愚痴っぽい人)
→ 傾聴し、理解してから質問して結果、価値、行動を聴く。

 

§ 今月の課題
結果 価値 行動のトライアングルを
1.セルフで自問自答する
2.誰かとプラクティスする
必ずしも結果→価値→行動の順とは限らない。
行動→価値のパターンもあり得る。

 

思考と感情と客観性(認知モデル) | オブジェクティブコーチング | 田村洋一関連ページ

第1回 オブジェクティブコーチングとは何か
オブジェクティブコーチング道場では、単なるコミュニケーション稽古ではなく、ささやかな人生の実践に取り組みます。 オブジェクティブコーチング道場は、企業などの組織のリーダー、マネジャー、エグゼクティブはもちろん、プロのコーチ、コンサルタント、ファシリテーターなど、オブジェクティブコーチングの考え方とやり方から学びたい人全般に開かれています。
第3回 オブジェクティブコーチングの目指すもの
オブジェクティブコーチング道場では、単なるコミュニケーション稽古ではなく、ささやかな人生の実践に取り組みます。 オブジェクティブコーチング道場は、企業などの組織のリーダー、マネジャー、エグゼクティブはもちろん、プロのコーチ、コンサルタント、ファシリテーターなど、オブジェクティブコーチングの考え方とやり方から学びたい人全般に開かれています。
第4回 傾聴と質問 共感しないで話を聞く
オブジェクティブコーチング道場では、単なるコミュニケーション稽古ではなく、ささやかな人生の実践に取り組みます。 オブジェクティブコーチング道場は、企業などの組織のリーダー、マネジャー、エグゼクティブはもちろん、プロのコーチ、コンサルタント、ファシリテーターなど、オブジェクティブコーチングの考え方とやり方から学びたい人全般に開かれています。
第5回 クライアントは誰か 人間関係のシステム
オブジェクティブコーチング道場では、単なるコミュニケーション稽古ではなく、ささやかな人生の実践に取り組みます。 オブジェクティブコーチング道場は、企業などの組織のリーダー、マネジャー、エグゼクティブはもちろん、プロのコーチ、コンサルタント、ファシリテーターなど、オブジェクティブコーチングの考え方とやり方から学びたい人全般に開かれています。
第6回 オブジェクティブコーチングの成功の定義
◆この半年で学んだことを振りかえる ジャーナリング この半年間で学んだことは何か。 学んだことにはどんなインパクトがあったのか これから自分にとってどんな探求が必要か。自分に何が起こったらいいのか。 ◆コーチングはコミュニケーションの方法? 間違いではないがコミュニケーションの前に認知の方法である。考えること。問うこと。 問う→考える→認知が変わる→コミュニケーションが変わる オブジェクティブコーチングは上の問いを通じてクライントの「自己発見」と「自己変容」を助けること。 ジャーナリング @自分がコーチのとき、クライアントに何をもたらしたいか。 A自分がクライアントのとき、自分は何をつくりだしたいのか。 B@とAの答えをみて何に気がついたか。

ホーム RSS購読 サイトマップ