オブジェクティブコーチング | 傾聴と質問 | 田村洋一

このエントリーをはてなブックマークに追加

第4回 傾聴と質問 共感しないで話を聞く

 

オブジェクティブコーチング道場(セルフトレーニングコース含む)申し込みの方にはパスワードを発行できます。
お申し込みはこちらから

 

 

◆今月のテーマ◆
傾聴(Listen)と質問(Ask, Explore)

 

§ Focusを移動するexercise―Shadowingを使って―
 方法:本の朗読を聴いた側から声に出して繰り返す
 4つのfocusを意識して実践
  @as is(そのまま)
  Afeeling(雰囲気・感じ・vibration)
  Bfacts(事実・内容)
  C瞬間(この瞬間に起こっている事実・声のトーン・リズム・音階・etc...)

 

 ◇感想◇
 「筆者と自分のfeelingを分けるのが難しい」
 「日常の会話はfeelingとfactは分かれてないため、それを聴き分けるのはストレスだった」
 →本でも分かれていないが、日常は会話はもっと分かれていない
 「通常は、聴く→理解→喋るだが、聴く→喋る→理解の順になった」
 「内容が分り易いとfeelingは分からないが、factは分かり易い。内容が分り難いとfeelingは分かり易く、factは分り難かった。」

 

 

 ・瞬間にfocusする=気付いていることに気付いている “Be aware of awareness”

 

 ・聴くことをマスターするために必要なこと
  @現在の自分の聞き方の癖やパターンを知ること
  A将来の自分のコーチングのビジョンを持つこと(傾聴と質問に熟達したらどうなるのか)
  Bそれによって緊張構造(structural tension)を持つこと

 

§ 傾聴のエクササイズ
 二人一組(語り手・聞き手)に分かれ、focusをfeelingとfactと瞬間のどれかに移動させながら聴く

 

 ◇感想◇
 「Factにfocusするのはdebateのflowを取る感じだった」
 (瞬間focusで聴かれてみて)「頭の中で探ろうとしているprocessを尊重されてる感じで不思議だった」

 

 ◇質問◇
 「3つのモードは明確に分けて使うのがいいのか?」
 →モードを分けるのは方便。使うときは統合的に使う。使い分けられるようになると便利

 

 ・feelingにfocusすることは、気持ちや感情にアクセスすること。しかし、行き過ぎると客観性を失ってしまう
  それらは聴いていれば自然と伝わってくる。感情は入り口に過ぎない

 

 

§ 傾聴と質問のexercise
 傾聴
 @二人一組(語り手・聞き手)になる
 A聞き手はfeelingかfactのどちらかにfocusして聴く
 B聞き手はfocusを瞬間に移動させて聴く

 

 質問
  @三人一組(Client・Coach・Observer)になる
  AObserver役の人はfeeling・fact・瞬間のどれかにfocusしてlistenする
   Coach役の人はClientが気に入っているアイテムについて2つの質問をする
    1)それはどんな◯◯ですか?(zoom in)
    2)◯◯について他に何かありますか?(zoom out)

 

 ◇感想◇
 「今まで瞬間にfocusして人の話を聴くことが無かったことに気付いた」
 「質問を2つに限定することが難しかった」
 「質問が一通り終わったら・・・」
 →質問は永遠に終ることがない。一つの質問の答えについて訊いていく
  目的はclientが自己発見していくこと。Clientが一段落したら終わり
  「分かった」は無い。エポケー(無知)にアクセスする稽古
 「オウム返しが無いとcoachが自分の中に前提(「これ以上聴いたらマズいのでは・・・」)を作ってしまい、質問し辛くなった」
 「質問によってClientに負荷をかけてしまう感じがした」
 →Coachingはself developなので、時には負荷がかかることも必要
  Clientの自己発見を助けるかどうかが基準

 

傾聴と質問 | オブジェクティブコーチング | 田村洋一関連ページ

第1回 オブジェクティブコーチングとは何か
オブジェクティブコーチング道場では、単なるコミュニケーション稽古ではなく、ささやかな人生の実践に取り組みます。 オブジェクティブコーチング道場は、企業などの組織のリーダー、マネジャー、エグゼクティブはもちろん、プロのコーチ、コンサルタント、ファシリテーターなど、オブジェクティブコーチングの考え方とやり方から学びたい人全般に開かれています。
第2回 思考と感情と客観性(認知モデル)
オブジェクティブコーチング道場では、単なるコミュニケーション稽古ではなく、ささやかな人生の実践に取り組みます。 オブジェクティブコーチング道場は、企業などの組織のリーダー、マネジャー、エグゼクティブはもちろん、プロのコーチ、コンサルタント、ファシリテーターなど、オブジェクティブコーチングの考え方とやり方から学びたい人全般に開かれています。
第3回 オブジェクティブコーチングの目指すもの
オブジェクティブコーチング道場では、単なるコミュニケーション稽古ではなく、ささやかな人生の実践に取り組みます。 オブジェクティブコーチング道場は、企業などの組織のリーダー、マネジャー、エグゼクティブはもちろん、プロのコーチ、コンサルタント、ファシリテーターなど、オブジェクティブコーチングの考え方とやり方から学びたい人全般に開かれています。
第5回 クライアントは誰か 人間関係のシステム
オブジェクティブコーチング道場では、単なるコミュニケーション稽古ではなく、ささやかな人生の実践に取り組みます。 オブジェクティブコーチング道場は、企業などの組織のリーダー、マネジャー、エグゼクティブはもちろん、プロのコーチ、コンサルタント、ファシリテーターなど、オブジェクティブコーチングの考え方とやり方から学びたい人全般に開かれています。
第6回 オブジェクティブコーチングの成功の定義
◆この半年で学んだことを振りかえる ジャーナリング この半年間で学んだことは何か。 学んだことにはどんなインパクトがあったのか これから自分にとってどんな探求が必要か。自分に何が起こったらいいのか。 ◆コーチングはコミュニケーションの方法? 間違いではないがコミュニケーションの前に認知の方法である。考えること。問うこと。 問う→考える→認知が変わる→コミュニケーションが変わる オブジェクティブコーチングは上の問いを通じてクライントの「自己発見」と「自己変容」を助けること。 ジャーナリング @自分がコーチのとき、クライアントに何をもたらしたいか。 A自分がクライアントのとき、自分は何をつくりだしたいのか。 B@とAの答えをみて何に気がついたか。

ホーム RSS購読 サイトマップ