オブジェクティブコーチング | 田村洋一

2018

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018記事一覧

オブジェクティブコーチング道場(セルフトレーニングコース含む)申し込みの方にはパスワードを発行できます。お申し込みはこちらから■1.学ぶ目的を明らかにする(1)オブジェクティブコーチングを学んで何が起こったらいいですか?(2)これからやっていこうとしていることは何ですか?(3)他の人に手助けしてほしいことは何ですか?(4)3つの質問を通して今気づいてること感じてることは何ですか?■2.ゲームを通し...

オブジェクティブコーチング道場(セルフトレーニングコース含む)申し込みの方にはパスワードを発行できます。お申し込みはこちらから■傾聴と認知どんなコーチングでも大切なことは「きく」こと・聴く(Listen)・訊く(Ask)聞く、話す、質問するなど、コミュニケーションで起こっていることを観察するには、心で感じていることや頭で考えていることなどマインドの認知で成り立つ。コグニッション(認知、理解)の理論...

オブジェクティブコーチング道場(セルフトレーニングコース含む)申し込みの方にはパスワードを発行できます。お申し込みはこちらから◇オブジェクティブコーチングオブジェクティブコーチングでは何をプラクティスしているかコーチングは、ビジネスやサービスまたはコミュニケーションの一つとして、ここ15年で世界中に広まってきていますが、この道場で行っているオブジェクティブコーチングは、物事の捉え方や考え方など認知...

オブジェクティブコーチング道場(セルフトレーニングコース含む)申し込みの方にはパスワードを発行できます。お申し込みはこちらから◇empathy(共感)とsympathy(同情、同感)共感にもいろいろな段階がある。他人の感情を自分のことのように感じる、しかし、それに巻き込まれないこと。◇「やる」(make)と「なる」(let)あるステージではコーチが主導して場や目的をmakeする必要があるけれど、な...

オブジェクティブコーチング道場(セルフトレーニングコース含む)申し込みの方にはパスワードを発行できます。お申し込みはこちらから基礎スキルを応用してコーチングセッションをリードするスキルまでカバー。傾聴、プレイバック、質問に加えて、提案、フィードバック、終了などを自由にできるようにする。◇基礎稽古―前半・シャドウィングの稽古・「聴く」「返す」稽古@相手の話を絵で聞いて、伝わってきたことの一部をオウム...

オブジェクティブコーチング道場(セルフトレーニングコース含む)申し込みの方にはパスワードを発行できます。お申し込みはこちらから◇シャドウイングの稽古◇オブジェクティブコーチングの目的クライアントの客観的現実をよくしていくこと・クライアントの仕事・家庭など自分の価値観や実現したいこと、望む変革をサポートする。・現実を認知するプロセスを客観的にサポートする。◇オブジェクティブコーチングの方法時間モデル...

オブジェクティブコーチング道場(セルフトレーニングコース含む)申し込みの方にはパスワードを発行できます。お申し込みはこちらから◇基礎稽古シャドウイング◇メタスキル人の話を聴く、話をする、というスキルと同じく、どのような姿勢、スタンス、あり方でクライアントと接するのか。どんな「感じ方」「態度」「感覚」でそこにいるか。自分にあるプレゼンスを選択して使うこと(まるで服を着替えるかのように)。ワーク・相手...

トップへ戻る