オブジェクティブコーチング | 田村洋一

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年 第5回 基礎スキルの応用と実践

 

オブジェクティブコーチング道場(セルフトレーニングコース含む)申し込みの方にはパスワードを発行できます。
お申し込みはこちらから

 

 

 

基礎スキルを応用してコーチングセッションをリードするスキルまでカバー。
傾聴、プレイバック、質問に加えて、提案、フィードバック、終了などを自由にできるようにする。

 

 

◇基礎稽古

 

―前半
・シャドウィングの稽古

 

・「聴く」「返す」稽古

 

@相手の話を絵で聞いて、伝わってきたことの一部をオウム返しする。

 

A質問する。
・どんな○○ですか?
・○○について他にありますか?

 

何を質問するかなど考えないで聴くことに集中する

 

シェア
コーチがリードするのか、クライアントのフローを尊重するのか。
アドバイスするのか、そうしないのか。
素朴な質問だけで創発的な変化が起きる。

 

 

―後半

 

基本的なコーチング能力はみんな持っている。
だから、規律を持ってそれスキルにしていくこと。

 

・「聴く」「返す」稽古の続き
質問のレパートリーを増やす
B何が起こってほしいですか(何があったらいいですか?) 【ビジョン】

 

シェア
最初にビジョンから聞くやり方、聞かないやり方
makeとlet

 

トップへ戻る