オブジェクティブコーチングの目的 | 田村洋一

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年 第6回 オブジェクティブコーチングの目的

 

オブジェクティブコーチング道場(セルフトレーニングコース含む)申し込みの方にはパスワードを発行できます。
お申し込みはこちらから

 

 

◇シャドウイングの稽古

 

◇オブジェクティブコーチングの目的

 

クライアントの客観的現実をよくしていくこと
・クライアントの仕事・家庭など自分の価値観や実現したいこと、望む変革をサポートする。
・現実を認知するプロセスを客観的にサポートする。

 

 

◇オブジェクティブコーチングの方法

 

時間モデル
Contract⇒Coaching⇒Complete

 

緊張構造
現実⇒行動⇒ビジョン
「何が起こっているのか」「何が必要なのか」を客観的にみていく

 

 

◇クライアントへの介入について
・「それは違うな」と思ったとき
・クライアントに言うべきことがある場合は?

 

◇契約(コントラクト)の稽古
ロールプレイングを観察し、2人一組でコーチとクライアントを練習する。

 

トップへ戻る