メタスキル | オブジェクティブコーチング | 田村洋一

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年 第7回 メタスキル

 

オブジェクティブコーチング道場(セルフトレーニングコース含む)申し込みの方にはパスワードを発行できます。
お申し込みはこちらから

 

 

◇基礎稽古
シャドウイング

 

 

◇メタスキル

 

人の話を聴く、話をする、というスキルと同じく、どのような姿勢、スタンス、あり方でクライアントと接するのか。
どんな「感じ方」「態度」「感覚」でそこにいるか。自分にあるプレゼンスを選択して使うこと(まるで服を着替えるかのように)。

 

ワーク
・相手にへそを向けて座る
・新幹線のボックス席
・3人一組で《話す人》《インタビュアー》《メタスキル(傾聴)》の人を交代してやりとり、何が起こるか観察する。
トピック
「最近うれしかったこと」「最近悔しかったこと」

 

・メタスキルを切り離す
Doing やること
Being ある、いる
Becoming なる
意図を持って選ぶこと

 

・メタスキルの棚卸と交換

 

・自分の似合う服と似合わない服(メタスキル)を自覚する
・メタスキルはアイデンティティではない

 

 

◇コーチングの稽古

 

「クライアントがコーチに対して不満を言う」

 

◇メタスキルの振り返り
簡易コーチング
「あなたのメタスキルにはどのようなものがありますか?どんなものを知っていますか?」
「どのように使っていますか?どんなふうに使えるようになりたいですか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る