なぜクライアントはコーチングに投資するのか | オブジェクティブコーチング2018 | 田村洋一

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年 第10回 なぜクライアントはコーチングに投資するのか

オブジェクティブコーチング道場(セルフトレーニングコース含む)申し込みの方にはパスワードを発行できます。
お申し込みはこちらから

 

 

◇基礎稽古

 

絵で聞く(ピクチャリング)
シェア
・わからないことがわかる
・知識がなくても絵にできる
・関係性を絵にできる
・前景化と背景化

 

シャドウイング&絵で聞く

 

心にある絵を描き出す
シェア
・絵の中にコントラストがあらわれる

 

なぜ絵で聞くことを稽古するのか
・クライアントの話を聞いたときに「クライアントの話したいことは何だろう」「クライアントの問題は何だろう」とカテゴライズしないでそのまま聞く。
⇒クライアントの状況が絵であらわれてくる。話の内容がクライアントの日常の世界なのか、ビジョンなのか、途方もない夢なのか明確ににわかるようになる。

 

 

◇BOLTスコア

 

疲れない人は何が違うのか

 

 

◇クライアントがコーチングに投資する理由

 

ジャーナリング
@コーチングを受けてよかった?リアルな経験とイメージ
Aコーチングがなかったら? リアルな経験とイメージ
Bどんなコーチングがあったらいい? リアルな経験とイメージ

 

 

演習
クライアントとコーチ役で上記テーマについて話し合う

 

トップへ戻る