オブジェクティブコーチング | 田村洋一

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年 第1回 オブジェクティブコーチング道場の目的

オブジェクティブコーチング道場(セルフトレーニングコース含む)申し込みの方にはパスワードを発行できます。
お申し込みはこちらから

 

 

◇コーチングについて

 

コーチングは何人でやるのか
1.Self coaching 一人
2.Professional coaching 二人
3.Applied coaching その他

 

コーチングは誰がやるのか
1.コーチ
2.クライアント
3.関係性(信頼)
4.ステークホルダー、環境

 

 

◇ジャーナリング
・自分がコーチングをアップグレードして何を手に入れたいのか。
・それを手に入れたらどうなるだろうか。
・これからやろうと思っていること。

 

◇デモコーチング(観察の稽古)
観察のシェア

 

◇オブジェクティブコーチングは「解決」しようとしない
解決しようとするとクライアント、コーチの客観的理解をつぶしてしまう。

 

 

デモコーチング
観察のシェア
・無知にアクセスすること
・気づきはスタートでありゴールではない
稽古
解決しようとするコーチング
理解しようとせず話をよく聞くコーチング

 

 

トップへ戻る