オブジェクティブコーチング | なぜコーチングが効果的なのか | 田村洋一

このエントリーをはてなブックマークに追加

第8回 なぜコーチングが効果的なのか

オブジェクティブコーチング道場(セルフトレーニングコース含む)申し込みの方にはパスワードを発行できます。
お申し込みはこちらから

 

 

◆シャドウイングの稽古

 

1.そのまま聴く
2.意味のかたまりで聴く
3.絵で聴く
4.体感で聴く

 

・クライアントの言っていることがよくわからなくてもそれを()に入れてそのまま聴く。
・全体像を受け取る。
・オブジェクティブコーチングはアドバイスよりも自己発見を促すもの。クライアントの状況を全て理解できなくてもできる。
・「結果、価値、行動」「ビジョンとリアリティ」クライアントは何を発見すれば次に行けるだろうかを考える。

 

傾聴→
「判断」しない
「解釈」(make sence)しない
「分析」しない
判断するのはクライアントである。

 

 

◆傾聴の稽古

 

「あなたが本当に欲しいものは何ですか」
「あなたにとって生きること(人生)とは何ですか」
「あなたがどんな支えやサポートを必要としていることは何ですか」
「あなたにとって価値あることは何ですか」

 

質問をしたらひたすら相手の話を聴く。

 

 

◆演習
エグゼクティブコーチングのケース
契約時の会話

 

トップへ戻る