ゲーテ | ドラッカー | トランサーフィン | STARクラブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

読書会

 月に1回集まって一冊の本を読みます。数か月で読み終わるものもあれば数年かけて読むものもあります。

 

 場所:銀座ビジネスセンター 日時:平日の18時半〜20時45分 ですが、土日の昼間に行うこともあります。

 

 途中から参加する方は本を読んでおいてください。

 

 遠方にお住まいの方はリモート参加できるよう、環境整備中です。ご希望の方はお問い合わせください。

 

■お問い合わせ
STARクラブセミナーズ事務局
santafeupdate@gmail.com

読書会 | STARクラブ記事一覧

 ゲーテの弟子・エッカーマンが晩年のゲーテと過ごしたときの記録「ゲーテとの対話上・下」を少しずつ読みます。じっくり読むことで、ゲーテの考え方や言葉を自分のものにしていきます。(500円/1回)■お問い合わせSTARクラブセミナーズ事務局santafeupdate@gmail.com

 ピーター・ドラッカーの「傍観者の冒険」(The Adventures of aBystander)を皆で読む読書会「傍観者の冒険の会」を発足します。 傍観者と言うと見ているだけで何もしないというような否定的なニュアンスを感じる人もいるでしょう。ピーター・ドラッカーは八歳の頃から確信的な傍観者だったと言います。 この本は数あるドラッカーの著作の中でも屈指の面白さだと言われ、ドラッカー自身が「本書こ...

 ロシア人量子物理学者ヴァジム・ゼランド氏による著書 リアリティ トランサーフィンシリーズを読みます。 現在、お休み中です。2014年に再開予定です。 トランサーフィンをテーマにしたワークショップも企画中です。興味のある方はお問い合わせください。(500円/1回)■お問い合わせSTARクラブセミナーズ事務局santafeupdate@gmail.com

アイン・ランドの哲学オブジェクティビズムは、個人が生きること、幸福を追求すること、倫理的に生きること、そのための社会を実現することから切っても切り離せません。オブジェクティビズムを学ぶことはすなわち実践です。それがビジネスだろうとキャリアだろうと社会生活だろうと家庭生活だろうと。とはいえ、目の色を変えて「世界を変えるぞ」と気負う必要はありません。アイン・ランドとは誰なのか、オブジェクティビズムとは...

仕事や人生で困難やストレスに直面したとき、しなやかにレジリエントな応対をするばかりでなく、むしろ強く、ますますしたたかになっていく個人や集団や社会があります。アンチフラジリティ(反脆さ・反脆弱性)と呼ばれるこの現象に関心を持ち、自分自身や自分の組織・コミュニティを反脆くしていきたいと思う人なら誰でも参加できます。研究会に参加する人は、ぜひ書籍を入手してください。書店で購入してもいいし、図書館で借り...

中動態の世界を生きる研究会は毎月第2木曜日の夜に銀座で開催します。毎月一章ずつ読み進め、全10回で終了する予定です。メインのテキストは「中動態の世界」、サブのテキストとして「芸術の中動態」などを適宜使用します。参加する人は「中動態の世界」を入手してください。中動態の世界を知ることによって私たちの現実生活をもっと豊かでもっと面白くもっと自由でもっと創造的なものにしていくことを目指します。毎月の読書会...

トップへ戻る