オブジェクティビズム研究会 | アイン・ランド読書会 | 田村洋一

このエントリーをはてなブックマークに追加

オブジェクティビズム研究会

 

アイン・ランドの哲学オブジェクティビズムは、個人が生きること、幸福を追求すること、倫理的に生きること、そのための社会を実現することから切っても切り離せません。

 

オブジェクティビズムを学ぶことはすなわち実践です。それがビジネスだろうとキャリアだろうと社会生活だろうと家庭生活だろうと。

 

とはいえ、目の色を変えて「世界を変えるぞ」と気負う必要はありません。アイン・ランドとは誰なのか、オブジェクティビズムとは何なのか、一から学んでいきたいと思っています。

 

「利己主義という気概」(The Virtue of Selfishness)をじっくりと読み、ゆっくり対話します。

 

参加希望の人、興味ある人はお知らせください。

 

 

■お問い合わせ
STARクラブセミナーズ事務局
santafeupdate@gmail.com

 

 

オブジェクティビズムって何?

 

ヤロン・ブルック博士インタビュー〔1〕

 

 

オブジェクティビズムって何?
「自分にとって良い共同体か」をどう判断する?
感情は役に立たないのか?

 

アイン・ランドって誰?

 

ヤロン・ブルック博士インタビュー〔2〕

 

 

アイン・ランドって誰?
ブルック博士のアイン・ランドとの出会い
誰もが何らかの哲学に従って生きている

 

利己主義は悪なのか?

 

ヤロン・ブルック博士インタビュー〔3〕

 

 

利己主義は悪なのか?
アイン・ランドは援助・慈善をどう評価する?

 

オブジェクティビズムは少数派の思想なのか?

 

ヤロン・ブルック博士インタビュー〔4〕

 

 

オブジェクティビズムは少数派の思想なのか?
リバタリアン運動をどう評価する?
味方は誰? 敵は誰?
未来について楽観的になれる

 

 

〔講演会〕「稼ぐ」美徳とアメリカの起業家精神 第二部 討論:「格差」は不公平か?

 

 

アイン・ランドとの出会い
アメリカの偉大さの本質
〈理性〉と〈個人主義〉は衰退し続けている

オブジェクティビズム研究会 | 田村洋一関連ページ

ゲーテ読書会
ゲーテの弟子・エッカーマンが晩年のゲーテと過ごしたときの記録「ゲーテとの対話上・下」を少しずつ読みます。じっくり読むことで、ゲーテの考え方や言葉を自分のものにしていきます。
傍観者の会
この本は数あるドラッカーの著作の中でも屈指の面白さだと言われ、ドラッカー自身が「本書こそ私が書きたくて書いた本」と称し、ドラッカーの眼を通して眺めた歴史的現実が生き生きと描き出されています。 参加資格は、本を持参することと学びたい気持ちだけです。
トランサーファー会
ロシア人量子物理学者ヴァジム・ゼランド氏による著書 リアリティ トランサーフィンシリーズを読みます。と読了後、お休み中です。2014年に再開予定です。トランサーフィンをテーマにしたワークショップも企画中です。

ホーム RSS購読 サイトマップ