このエントリーをはてなブックマークに追加

Picturing Online Study Course(POSC)

このコースは、ロバート・フリッツ監修ピクチャリング専科コースの参加者の皆さんから「もっと集中して学びたい」「もっと深く学びたい」という要望を受けてデザインされました。ピクチャリング専科コースから継続で参加する人はもちろん、過去にロバートのトレーニングを受けて、ピクチャリングに興味関心を持つ全ての人を対象としています。

 

ピクチャリングの訓練によって目指すもの、期待する学習効果
・創造スキル
・空間思考スキル
・オリジナル思考力
・アート思考スキル
・ビジュアル思考スキル
・構造コンサルティング力
・人生がもっと愉快になる
・仕事がもっと面白くなる

 

構造力学を用いた創造プロセスにおいて必須のスキル
ピクチャリングというロバート・フリッツの開発した方法は、ロバートいわく「科学者が数学を必要とするように、アーティスト・クリエイターはピクチャリングを必要とする」というように、構造力学を用いた創造プロセスにおいて必須のスキルです。誰でも学んで習得することができます。全く習わずに出来る人はいません。これまでの経験から、最初にどのくらいピクチャリングができるかという素質のレベルと、最後にどのくらいピクチャリングができるかの達成のレベルとは別々です。つまり、最初からすんなりできた人もトレーニングによって上達し、最初に難しく感じた人もトレーニングによって上達します。

 

ただ、ロバートのトレーニングを体験した人ならご承知のように、トレーニングには集中力を要します。たった一人で独学独習するのは難しいのです。クラスで一緒に習い、一緒に学び、一緒に実践することが非常に役立ちます。

 

コース内容
ピクチャリングスタディコースでは、少人数のトレーニングを行い、ピクチャリングの基本から応用までを一から学びます。参加する人はピクチャリング体験をベースにして目標設定と自己評価を行い、それぞれの目的に合ったトレーニングを選択します。SCCP(Structural Consulting Certification Course)の認定コンサルタントを目指す人はプロフェッショナル志向のトレーニングを行います。創造プロセス全般やコンサルティングスキル全般に興味のある人は、ピクチャリングの正確さはもちろん、その応用範囲を拡大するためのトレーニングを行います。

 

コース開講期間中は、予定されたプログラムの時間帯以外も、常に質問や要望に応えてトレーニングを行う体制が整っています。

 

Picturing Online Study Course(POSC) | 田村洋一記事一覧

◇このコースの目的◇言葉のない世界の豊かさ◇分類思考の貧困◇いわゆる「仮説思考」も同じ罠◇無知にアクセスする◇ピクチャリングが空間思考を開く◇ピクチャリングの基本ステップ◇ピクチャリングとは絵にすることだが・・・◇簡単なピクチャリングのやり方◇メモをとることで失うもの◇知らないことに耐える練習◇演習: 最も簡単なピクチャリング◇演習: 4つの質問◇ピクチャリングべからず集◇助けようとせず、ただ観察...

◇計画的な練習時間◇気楽で即興的な練習時間◇リラックスして集中する◇どんどん応用して実践する◇ピクチャリングの全体プロセス◇DIS変換(サマリー)◇演習: コンサルティングセッション◇アサインメント : DIS変換

トップへ戻る