緊張構造 structural tensionC | システム思考 | 田村洋一

このエントリーをはてなブックマークに追加

緊張構造を使いこなす

STARクラブ申し込みの方にはパスワードを発行できます。
お申し込みはこちらから

 

 

今月のテーマ:創造を様々な次元で使いこなす

 

 

▼第一部 review/discussion

 

・structural tensionの基本は
  ┃1.visionを置く
  ┃2.realityを押さえる
  ┃3.tensionが働く
 これだけ
・そのprocessを
  ┃1.予実確認 vision/reality/tensionの推移
  ┃2.How it happen  どのようにして1が起こったかの考察
  ┃3.Now What to do 今から何をするかの計画
  ┃4.feedback system 何に着目して達成を計るかの予定
 で振り返って、学習のprocessにする
・今月はこれを
  ┃1.半即興 一分で、一時間で
  ┃2.短期  一週間で、一ヶ月で
  ┃3.中期  数ヶ月間で
  ┃4.長期  数年、数十年、数百年で

  ┃X.人間のあり方として 変化は一瞬、機会は未定
 と展開してゆくexerciseをします

 

この数ヶ月間の振り返りをjournaling→dialogue→discussion

 

  ┃Q.今日一日でどんな状態になりたいですか
  ┃Q.今の時点ではどんな状態にありますか
  ┃Q.この一ヶ月間でどんなことにstructural tensionを活用しましたか
  ┃Q.commit/choiceや予実checkについてはどうですか
  ┃Q.十年先、五百年先についてどんなvisionがありますか
  ┃Q.vision志向をlifestyleに活用できたら何が起こりますか
  ┃Q.そこから見て今はどんな状態ですか

 

・ごはんを楽しく食べようprojectがうまくいっている
 「楽しいばっかりじゃあかん」という躾から脱却できてきた
  ★本質的な変化のpoint!
   visionを持つには「あなたは何が起こったら嬉しいのですか」を
   自分で「見つける」ことが必要。
   見えない刷り込みや見える抵抗に負けないこと

 

・片付けや服選びにも応用できる、skill化している人が居る
・choice/commitに関連して、commitの縛りを自覚した
 commitの成功体験が信念になって常用になって軋轢を招いていた
・循環mapを起点にしてvisionを描いてみたいと画策

 

・どこまで明確にすればvision足り得るのか
・自分ひとりだと使いこなせない。不確定要素が多い場合や、
 実現可能性が見えていない場合に、明確化できない。
 自分の場合は誰かが参加するとそれが見えるようになる。
・明確化できなくても良い、混乱を捌ければ良い、という
 stateではなくcapacityのvisionでOKと思っている
・何を実現、というより、自分がどういう状態でありた、で測っている
・SMART(specific, measuarable, achievable, relevant, timebound)で
 あれば良いのか?←必ずしもそうではない。秩序系vs非秩序系
  ・ひとつはvisionに複数の次元があって、全部がvision足り得るということ:
   事業規模10億円
   〜それを達成するための市場の変化や組織機能
   〜それを実現するようなひとりひとりのcompetance
   |それに賛同出来る価値観の共有
  ・ひとつはwhat the vision does。そのvisionで何か起こるか:
   例えばmake it upしてしまうという方法

   とにかく目標を置いて行動をしてみて、やってみてから
   良かった/違ったを振り返る。
   学習のprocessが起こせればOKという捉え方
  ・ひとつはvisionに近づいているかどうかが評価可能なことが必要:
   近づいているのか遠ざかっているのかが分からないのでは
   tensionが働いているとは言えない
・不自然なvision、望んでいないvisionの経験
 やってみて、primaryが共有されていないこと(→不毛な努力)に気付いて、やり直す

 

・「○○しないでほしい」というnegative(passive?) visionに
 対してどう対処すればいいか
・remedyが色々書いてあるけれど、結局どこに向かいたいのかが伝わってこない仕様書
  ・本人の状態を尊重することが最初
   その次にPRO{problem/remedy/outcome} model、clean language
   順序を誤らないこと(transition)

 

 

▼第二部 creation exercise

 

  ┃1−1.画用紙と素材を前にして作品の完成形をイメージする
  ┃1−2.15秒で完成させる
  ┃1−3.振り返り
  ┃1−4.完成時間を10秒、5秒と縮めて繰り返し

 

  ┃2−1.三人組を作って、画用紙と素材で何を作るかを相談する
  ┃2−2.一分間程度で完成させる
  ┃2−3.振り返り
  ┃2−4.三人のteamが完璧だったとしたら、それはどんなteamか考える
  ┃2−5.完璧なteamの状態から見て、今の三人はどのくらいの到達度か考える
  ┃2−6.意見を交換する

 

  <作品>
  ・春の息吹
  ・ピラミッド&ストーン
  ・カオス/コスモス

 

  ┃3−1.三人組で三週間程度で実現可能で価値を共有できるような
  ┃    「架空のproject」を話し合う
  ┃3−2.三週間程度で「実現するproject」の完成図を描く
  ┃3−3.projectを実現する手はずを話し合う
  ┃3−4.owner・project名・team名などを適宜決める

 

  <project>
  ・信州高遠花見旅行
  ・STARクラブ校歌斉唱
  ・社会creative fusion化作戦

 

creative tensionを使いこなすと
「やればやるだけ元気になる」「作れば作るほどもっと作りたくなる」
これをprofessionalな領域だけではなくlifestyleにおいても活用しよう

 

緊張構造 structural tensionC | システム思考 | 田村洋一関連ページ

緊張構造 structural tension
創り出す・structural tensionstructural tensionと創造 ▼structural tensionと創造 ▼visionを描く練習をする
創造と葛藤
▼visionに向かうtensionを妨げる作用を知る ▼葛藤を手放す
緊張構造を自分の中に統合する
structural tension の使い方 創造的活動の共通の原理 ・visionとrealityの両方を押さえるとtensionが発生する ・両方を押さえないと何も始まらない ・visionはchoiceする、commitするとうまく行かない

ホーム RSS購読 サイトマップ