CLEAN LANGUAGE クリーン・ランゲージ | システム思考 | 田村洋一

このエントリーをはてなブックマークに追加

CLEAN LANGUAGE クリーン・ランゲージ (3)

 

STARクラブ(セルフトレーニングコース含む)申し込みの方にはパスワードを発行できます。
お申し込みはこちらから

 

 

CLEAN LANGUAGE クリーン・ランゲージ

 

◆LMFS

 

・今気になっていることは? 
(仕事、人間関係やお金のことなど9つ程度箇条書きにしていく)

 

・その中で一番気になっているものを3つ選ぶ。

 

・その中からさらに一番気になるものをひとつ選ぶ。

 

・あらためて気になっていることを短く書き出す。

 

質問
「気になっていることが完全に片づいたらどうなるか想像してください」(Last Mile)

 

「もし今日、この気になっていること以外に何もやることがなかったら、他のことを忘れて、気になっていることだけをやるとしたらまず何をしますか?」(First Step)

 

シェア
・気になっていることを成し遂げるハードルが下がった気がする。
・ふだん気になっているのにFirst Stepのことを考えてなかったことに気づいた。
・やりたいことを複雑に考えすぎていたことに気がついた。
・これも今年はじめにやったテーマ「緊張構造」になっている
創り出す・structural tension
http://starclubseminars.com/starclubself/star201612.html

 

 

◆クリーン・ランゲージをどのように使うか?

 

わかりやすいのはコーチング。5分程度のコーチングでも使える。

 

クリーン・ランゲージは深くて広く効果的なツール体系だが、自分が習得できたレベルで使うことができる。

 

 

「クリーン・ランゲージのわかったこと、できたこと、すごいところ、いいところ」
・セルフコーチングができる
・短時間で深い
・リアル

 

「クリーン・ランゲージのわからないこと、できない、難しいところ」
・話が堂々巡りになってしまうことがある
・終わり方

 

「クリーン・ランゲージの使い道、応用」
・プロフェッショナルのコーチングツール
・気づき、アウェアネス
・視点を変える
・ストーリーを紡ぎ出す
・ファシリテーション

 

 

◆クリーン・ランゲージ10の秘訣
The Five Minute Coach: Improve Performance RapidlyMay 30, 2012
by Lynne Cooper and Mariette Castellino より

 

@注意をクライアントのみに分ける
Aクリーン質問だけを使う
B普通の会話のルールは無視する
Cオウム返しする
D文法を無視する
Eメモを取る
Fアイコンタクトは制限する
Gはげます
H声を自覚的に使う
I落ち着いてやる

 

 

◆5分間コーチング演習
二人一組でクリーン・ランゲージを使ってコーチングする

 

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る