カネヴィンフレームワーク | セーフ・フェイル | 田村洋一

このエントリーをはてなブックマークに追加

セーフ・フェイル

STARクラブ(セルフトレーニングコース含む)申し込みの方にはパスワードを発行できます。
お申し込みはこちらから

 

 

 

 

◇カネヴィンフレームワーク

 

使っていること
・会社の中の状況を見る
・学生に聞く
 セーフ・フェイル、フェイルセーフ
・プロジェクト
 テスト→フィードバック

 

もっと使いたいこと
・セイフ・フェールの感覚がない人と仕事する(正解を求める)
・俺が正しい系の人→「見方を変えてみよう」と提案する
・煩雑系ができない人への対応

 

わからないこと
・系の錯誤について

 

◇カネヴィンフレームワークの使い方

 

1.カテゴライズ(分類)
2.センスメイキング(意味生成)
3.カネヴィンダイナミクス(動的戦略)
4.ミックス(他のものと一緒に使う)

 

 

◇デイヴ・スノーデン インタビュー視聴

 

 

シェア
・混沌系と複合系の境界
・混沌系に浅く入る
・分類モデルと類型モデルの違い
 分類→例えば、図書コードなどで本を分類する。箱の中に入れる。
 類型→状況を箱に入れない。まず状況があって、状況の異なる要素(系の要素)をみていく。状況の中にあらゆるものがある。
・複合系と煩雑系の行き来
・混沌系の使い道

 

◇セイフ・フェールのやり方
目的:調査、学習
・小さくやる
・期間を決める
・ダウンサイド(見切の基準)を決める
・範囲を決める
・間接的にやる
・素人目でやる

 

 

◇演習
混沌系の状況から打開案を考える
1.状況、どの系で何が起こっているか把握する。
2.何が起こるといいのかビジョンを共有し、実際にセイフ・フェールを考える。

 

トップへ戻る