このエントリーをはてなブックマークに追加

Your Life As Art

STARクラブ(セルフトレーニングコース含む)申し込みの方にはパスワードを発行できます。
お申し込みはこちらから

 

 

◇構造思考、創造プロセスの振り返り

 

(Your Life As Artより)
本書は、人生をアートと呼んだらビジョンが実現するという本ではない。本書はアーティストがアートを創り出すときに使う原則についての本だ。あなたが行動し、学び、想像し、望みを持ち、試行錯誤し、観察し、規律を持ち、明晰さを持ち、仕事をすることによってこそ人生は変わっていく。人生が自分の創作になることによってのみ、人生をアート作品として、自分をアーティストとして体験することができる。
正しい生き方というのがあるのだろうか。答えはノーである。どう生きるかは自分で創り出すしかない。無意識に、でたらめに、自分の選択によらずに創り出すこともできる。その場合は創り出した人生を気に入らなくても無理はない。
一方、アートの世界で実践されている創造プロセスの原則を取り入れたら、もっと自在に人生を創り出すことができるようになる。彫刻家が石を彫り、作曲家が主題を展開し、建築家が機能・スタイル・土地・気候・原材料・資金・建築法をバランスして設計するように、人生を創り出すことができる。
経験を積むうちにアートに熟達する。アーティストが自分の技をどんどん磨いていくのと同じだ。達成すべき目標はあるが、それは全体の中の一部でしかない。大きなアートは、自分自身との関係、他人との関係、コミュニティとの関係、あなたの世界・あなたの宇宙との関係にある。自分の人生との関わりは、アーティストの自作品との関わりと同じだ。画家の絵画、作曲家の楽譜、建築家の建築物、あなたの人生という関係である。
創造プロセスの手順・姿勢・スピリットが三位一体となって創造的な力を生み出す。それによって人生が変わり、豊かになり、充実し、健やかになり、打ち込むことができ、魂・心・精神が喜ぶ深い望みが実現する。それがアートとしてのあなたの人生である。

 

 

◇「創り出したいこと」

 

・いま自分が創り出そうとしていることは何か

 

創り出すことを学ぶのに一番いい方法は「創り出すこと」

 

演習「緊張構造チャートを書く」

 

ステップ1
「何を創り出したいのか」(ビジョン)
ステップ2
「リアリティを見る」(リアリティ)
ステップ3
「行動ステップ」(アクション)

 

 

・Creation > Creator

 

・創造プロセスの「姿勢」
1.反応
2.対処 
――(創造プロセスの姿勢がないとここまでしかやらない)
3.生み出す クリエイティブ
――(創造プロセスの姿勢があれば、生み出すところまで可能になる)

 

・常に創り出したいことにフォーカスする
・自分ではなく成果にフォーカスする

 

トップへ戻る