システム思考 | 学習する組織 | 研究会

このエントリーをはてなブックマークに追加

システム思考

システム思考の実践研究

 

STARクラブは、2008年にスタートしました。その前身は「システムコーチング研究会」です。日本にまだ「システムコーチング」(ORSC: Organization and Relationship Systems Coaching)が上陸する前に少人数でシステムコーチングの実践研究を重ねていたのです。

 

STARクラブは「システム思考の実践研究」が出発点です。その名も Systems Thinkers Applied Research、システム思考者による応用研究となっています。

 

聞くところによると、システム思考のバリエーションには数百もの学派・流派があるそうです。

 

STARクラブでは、特に、ロバート・フリッツの創造構造論、ピーター・センゲの学習する組織、オットー・シャーマーのセオリーU、プロセス指向心理学などを初期のベースとしていました。

 

最近ではデイヴ・スノーデンのカネヴィンフレームワークやダニエル・カーネマンの認識論、エニアグラム、エドガー・シャインのプロセスコンサルテーションなどを積極的に実践しています。

 

こう言うと、いろんな理論を勉強しているかのように聞こえるかもしれません。

 

しかしSTARクラブの活動は理論の勉強ではなく、理論を実践に応用して研究することです。

 

世の中に理論はごまんとあります。いい理論もあれば悪い理論もあります。古い理論もあれば新しい理論もあります。ポピュラーな理論もあれば全く無名の理論もあります。

 

STARクラブでは、目をつけた考え方ややり方を実際に試してみて、実践の中から学び、学びを自分たちのものにしようとしています。

 

実際にやってみる。

 

このことがSTARクラブにおいては非常に重要です。

 

やってみてうまく行くことも多いし、失敗することもあります。うまく行ったらそれがなぜうまく行くのかを考え、自分たちのものにしていきます。もしうまく行かなかったらなぜうまく行かないのかを考え、自分たちのものにしていきます。

 

自分たちのものにさえしてしまえば、極端な話、理論は忘れてもいいのです。理論というのは、あくまでも何かを学んだり共有したりするためのツールです。

 

そして実践の中からまた理論が創発されていきます。

 

それを繰り返しているのがSTARクラブの活動です。

 

システム思考の応用範囲

 

STARクラブ(システム思考研究会)で実践しているシステム思考の応用範囲は、コーチング、ファシリテーション、マネジメント、リーダーシップなどに限られません。日常のあらゆる場面にあります。私たちは誰でも職場、家庭、友人、地域共同体など、周囲の人や組織と関わりを持ちながら暮らしているからです。自分がシステムの一部であることを自覚し、そのシステムにどんな影響を与えているのか、また与えうるのかを知ることで、現実をダイナミックに動かすことができるのです。

 

STARクラブでは、従来のシステム思考を超えた最先端の理論や方法を用いて、職場や生活の場面で実践、応用することに主眼を置いています。

 

STARクラブのコミュニティには実にさまざまな人たちが集まっています。会社勤務のビジネスマンもいれば、独立して事業を営んでいる人もいます。ビジネスの領域や仕事の種類もいろいろです。

 

ただ、ひとつ共通していることがあります。世界からいつも学ぼうとする謙虚な姿勢と知的好奇心です。

 

常に進化し続けるシステム思考の第一線の研究成果から学ぼうとします。どんなにすぐれた理論であっても、それで終わりということがありません。学んだことを実際に応用することによって常に研鑽と研究の可能性が生まれるのです。

 

学ぶ対象は教科書や学者のような権威ばかりではありません。研究会では互いの体験や観察、意見やアイデアから新たな学びが生まれます。学んだことを仕事や実生活に活用して具体的な変化が生み出されます。

 

システム思考研究の成果

 

権威の言うことや世間でもてはやされている理論であっても、自分が理解して納得できなければ意味がありません。STARクラブでは、あくまでも自分の頭で理解して自分の心で感じ、自分の身体で実践して成果を得ることを大切にしています。

 

では、その成果とは何でしょうか。

 

一人ひとりが自由な心と創造的な精神を育むことです。その自由と創造性が社会や組織を変えるパワーとなることです。

 

社会変革や組織改革のために個人が自己犠牲を払うのは本末転倒だと私は考えています。よりよい世界を創り出すために個人が不幸になる必要はありません。まず自分自身から自由になり、まず自分自身からクリエイティブになり、まず自分自身から幸福になり、それを世界で分かち合ったらいいではありませんか。

 

 Be the change you want to see in the world.

 

世界を変えたいと思うなら、まず自分自身がそれになることだ、とマハトマ・ガンジーが言っています。

 

この言葉はよく引用されるのですが、私たちはまず自分自身から実践して変わっていくことを志しています。

 

主宰・講師:田村洋一(Danna)

 組織開発ファシリテーター。企業人教育、エグゼクティブコーチング、企業組織でのコンサルティングの豊富な実践経験と、多くの優れた教育家・コーチ・コンサルタントから学んだ経験を持つ。2002年からメタノイア・リミテッド代表、ピープルフォーカス・コンサルティング顧問。ジェミニ・コンサルティング、野村総合研究所、シティバンクに勤め、日本、欧州、アジア、アメリカで大小さまざまなプロジェクトのマネジメント、国際的活動に携わる上で、ファシリテーションの多様なスタイルと方法論を駆使している。

 

 著書に『人生をマスターする方法』(2008年)、『組織の「当たり前」を変える』(2006年)、『なぜあの人だと話がまとまるのか?』(2004年)、共著書に『組織開発ハンドブック』(2005年)

システム思考 | Systems thinking | 田村洋一記事一覧

システム思考 | STARクラブ | 田村洋一

■対象・システム思考の初心者から上級者まで、実践に関心のある人なら誰でも。・組織開発、人材育成、コーチングなどの専門領域で活躍する方、それを目指す方、社会運動、キャリア、家庭生活などのあらゆる領域でシステム思考の創造的実践に興味のある人。■内容 ジェイ・フォレスターのシステムダイナミクスから、学習す...

≫続きを読む

 

システム思考 | STARクラブセミナーズ | 田村洋一

 STARクラブセミナーズでは、システム思考の応用研究会であるSTARクラブ(Systems Thinkers Applied Research、システム思考研究会)を母体としながら、仕事や生活のあらゆる面にシステム思考を役立てていくためのトレーニングや発見型のワークを紹介していきます。 システム思...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ