システム思考 | 講座 | 田村洋一

このエントリーをはてなブックマークに追加

STARクラブ

 STARクラブ(システム思考研究会)で実践しているシステム思考の応用範囲は、コーチング、ファシリテーション、マネジメント、リーダーシップなどに限られません。日常のあらゆる場面にあります。私たちは誰でも職場、家庭、友人、地域共同体など、周囲の人や組織と関わりを持ちながら暮らしているからです。自分がシステムの一部であることを自覚し、そのシステムにどんな影響を与えているのか、また与えうるのかを知ることで、現実をダイナミックに動かすことができるのです。

■対象
・システム思考の初心者から上級者まで、実践に関心のある人なら誰でも。
・組織開発、人材育成、コーチングなどの専門領域で活躍する方、それを目指す方、社会運動、キャリア、家庭生活などのあらゆる領域でシステム思考の創造的実践に興味のある人。

 

■内容
 ジェイ・フォレスターのシステムダイナミクスから、学習する組織で有名なピーター・センゲのシステム思考(第5の規律)までを、既存の理論として学びながら実際の事例に適用してマスターしていく。アカデミックな演習は理論を理解するためのものとして限定的に行い、実践事例を中心として対話と稽古を重視する。

 

<開催概要>
■日時:   毎月 第4木曜日 19:00-21:30
■会場:   東京都中央区(銀座、京橋など)
        ※会員の方に毎月MLでお知らせしています。

 

■参加費: 1年 129,600円
※田村洋一の講座を過去に受講したことがない方向けに初回のみ10,800円にて受け付けております。下記申し込みフォームよりお申し込みください。2ヶ月目以降継続する場合は、118,800円で継続受講可能です。

 

また、システムシンキングを個別のテーマで使って、どんな効果があるのか体験してみたい方は、STARクラブセミナーズのワークショップ(毎月一回開催)へのご参加をおすすめします。

 

(STARクラブは完全返金保証をしています。何らかの理由で完全に満足しない場合は全額を返金します。)

 

■お問い合わせ
STARクラブセミナーズ事務局
santafeupdate@gmail.com

 

 

  <過去の活動内容>
2009.1 場のシステムをうらやかに観る
2009.2 システムズアーキタイプ(「色眼鏡」)
2009.3 システム曼荼羅(コンスタレーション)
2009.4 日本の学校教育(ワールドワーク)
2009.5 日本の学校教育(ワールドワーク)
2009.6 アーキタイプを創る(薔薇色眼鏡)
2009.7 セレンディピティ/シンクロニシティ・ウォッチング(続・薔薇色眼鏡)
2009.8 セオリーU(オットー・シャーマー)
2009.9 ワールドワーク ウブントゥ、アヒンサー、医療問題のダイアログファシリテーション
2009.10 BigU(大地の心理学)
2009.11 歴史と進化(保全を尊重する変容プロセス)キングメーカー、システムのホメオスタシス
2009.12 ポジティブアーキタイプ(薔薇色眼鏡)
2010.1 恋愛をシステム思考する 1
2010.2 恋愛をシステム思考する 2
2010.3 リフレーミングトレーニング

2010.4 ファシリテーションの王道
2010.5 システム思考とコーチング
2010.6 アウトサイダー・ウィットネス・グループ(ナラティブアプローチ)
2010.7 人間関係のシステムをシステミックに観る「メタ鏡」
2010.8 システム思考の身体化
2010.9 システムマインド(プロセスマインド)を身につける
2010.10 リーダーシップをシステミックに観る
2010.11 ディスクリプションとプリスクリプションの効果と使い方
2010.12 マーリンファクターカフェ
2011.1 ソーシャルビジネス・マーリンファクターカフェ
2011.2 投影のシステムとプロセス 
2011.3 「Japan2020」新しい日本のパラダイムを見通す
2011.4 社会構成主義とシステム思考
2011.5 チームの役割分担と役割分断 
2011.6 モチベーションシステムに働きかける
2011.7 ファシリテーションやコーチングなど現実場面での応用

2011.8 パワーとリーダーシップについてシステム思考する
2011.9 パワーを持つ相手との葛藤や対立をシステミックに扱う
2011.10 因果連鎖図と時系列遷移図の使い方
2011.11 レバレッジを発見する力を高める
2011.12 因果ループ図とアウトサイダーウィットネスグループ
2012.1 PoweRiskモデル
2012.2 ジレンマを超える〜相殺から相乗へ〜
2012.3 ジレンマを超える〜空間ベクトル編〜
2012.4 セルフエスティーム1
2012.5 セルフエスティーム2
2012.6 インテグラル理論1
2012.7 インテグラル理論2
2012.8 カネヴィンフレームワーク
2012.9 カネヴィンフレームワークからブレイクスルー思考へ
2012.10 Breakthrough Thinkingと従来思考の違いを味わう
2012.11 戦略的に行動する〜良い戦略・悪い戦略〜

2012.12 戦略思考のテクニック〜戦略立案思考〜
2013.1 Polarityをもって戦略resourceを活用する
2013.2 Cynefin Frameworkをsub domainで動かす
2013.3 複雑系の技術としてのprocess work
2013.4 Symbolic thinking/Process work
2013.5 Symbolic thinkingでmissionと繋がる
2013.6 Leadership - Multiplier/Diminishier
2013.7 MultiplierとDiminisherの分岐点を探る
2013.8 Multiplierたらしめる関係性
2013.9 Fast and Slowを体感する
2013.10 Heuristicを活用する
2013.11 自分が正しい病」に気付く
2013.12 Sense Making SpaceとしてのCynefin Framework
2014.1 Integral思考を積極的に使ってゆく
2014.2 enneagram入門
2014.3 enneagramのフィット感

2014.4 enneagramを通してmental modelに光を当てる
2014.5 enneagramと統合の方向
2014.6 風景構成法
2014.7 enneagramとprocess workとを繋ぐ
2014.8 ピーター・センゲ 学習する組織
2014.9 ピーター・センゲ リーダーシップ
2014.10 Constellation
2014.11 Constellation#2:幼少期
2014.12 Constellation in business
2015.1 Theory U
2015.2 Process Consultation 1/自分のpatternを知る  
2015.3 Process Consultation 2/inquireを観察する・4種類のinquiry
2015.4 Process Consultation 3/関わり方を観察する
2015.5 Process Consultation 4/フィードバックの幅を広げる
2015.6 Process Consultation 5/Rankのriskに目を向ける
2015.7 Process Consultation 6/厳しいフィードバックをいかに効果的に行うか

2015.8  shadow coachingからのfeedback
2015.9 Process ConsultationにProcess Workを応用する
2015.10 プロセスワークの最前線(フェーズ)
2015.11 自己成長のためのプロセスワーク
2015.12 気づきに根差したシステム思考〜Awareness-based systemic thinking
2016.1 Peter Drucker/変革のleadership
2016.2 Peter Drucker/機会にfocusする
2016.3 Transitionその1
2016.4 Transitionその2
2016.5 Transitionその3/自分以外のTrans.にどう接するか
2016.6 Transitionその4/他人のTrans.をどう待つか
2016.7 CLEAN LANGUAGE その1(メタファー・2つのQ)
2016.8 CLEAN LANGUAGE #2
2016.9 CLEAN LANGUAGE #3
2016.10  CLEAN LANGUAGE #4
2016.11  CLEAN LANGUAGE #5 systemic modeling

2016.12  創り出す・structural tension
2017.1 創造と葛藤

 

お申込みはこちら

システム思考 | STARクラブ関連ページ

STARクラブ セルフトレーニングコース
STARクラブ(システム思考研究会)で実践しているシステム思考の応用範囲は、コーチング、ファシリテーション、マネジメント、リーダーシップなどに限られません。STARクラブでは、従来のシステム思考を超えた最先端の理論や方法を用いて、職場や生活の場面で実践、応用することに主眼を置いています。
STARクラブセミナーズ
STARクラブセミナーズでは、システム思考の応用研究会であるSTARクラブ(Systems Thinkers Applied Research、思考研究会)を母体としながら、仕事や生活のあらゆる面にシステム思考を役立てていくためのトレーニングや発見型のワークを紹介していきます。

ホーム RSS購読 サイトマップ