ディープデモクラシーを語る夕べ | 田村洋一 | サンタフェ通信

このエントリーをはてなブックマークに追加

ディープデモクラシーを語る夕べ

夕べは銀座に40名の皆さんが集い、深層民主主義とも称されるディープデモクラシーを語る「ヤハツの会」を開催しました。

 

ヤハツ(Yachats)というのは米国オレゴン州の海岸の小さな村で、プロセスワーク(プロセス指向心理学)の創始者のアーノルド・ミンデル夫妻が住んでおり、毎年9月に一般向けのファシリテータートレーニングのセミナーが開催されている風光明媚な土地です。

 

先月開催されたヤハツのセミナーで学んできた最先端のアイデアやコンセプトを共有しつつ、デモクラシーを超えるディープデモクラシーの理想と実践について語り合う会でした。

 

実にさまざまな学びや気づきがありました。

 

(つづく)

 

サンタフェ通信10月2日号より一部抜粋しています。


ホーム RSS購読 サイトマップ