原因と結果の取り違え | システム思考 | 田村洋一

このエントリーをはてなブックマークに追加

原因と結果の取り違え

お金持ちが黄色いシャツを着ている。「黄色いシャツを着るとお金持ちになる」と思って黄色いシャツを着ても金持ちにはならない。

 

お金持ちが高価な時計をしている。「高価な時計をするとお金持ちになる」と思って高価な時計をしても金持ちにはならない。

 

お金持ちがポジティブ思考をしている。「ポジティブ思考をするとお金持ちになる」と思ってポジティブ思考をしても金持ちにはならない。

 

二酸化炭素が増えると地球が温暖化するのか、地球が温暖化すると二酸化炭素が増えるのか。実際の因果関係は非常に複雑で捉えきれない。しかし因果関係を見ないことには始まりません。たいていの人は因果関係をきちんと見ようともせずに、自分の気に入った物語を信じ込んでしまいます。

 

物語を解体して、現実をつぶさに見る必要があるのです。

 

人生がうまくいってる人たちはたいてい物事に対する態度がポジティブで、プラス志向です(もちろん例外もありますが)。そこで、うまくいってない人たちを何とかしようとポジティブな態度とプラス志向を植えつけようとすることがあります。

 

その試みはたいてい失敗します。「ポジティブな態度とプラス志向がうまくいってる人生の原因だ」という大きな勘違いから来る失敗です。実際には人生がうまくいっている結果としてポジティブでプラス志向になってるのかもしれないのに。

 

原因と結果の取り違えによる間違いです。

 

原因と結果をきちんと見ないと物事はろくなことになりません。

 

 

 

サンタフェ通信5月27日より一部抜粋しています。


ホーム RSS購読 サイトマップ