ディベート | ディベートが世界を起爆する | 田村洋一

新刊出版記念イベント「ディベートが世界を起爆する」

このエントリーをはてなブックマークに追加

新刊出版記念イベント「ディベートが世界を起爆する」

新刊「ディベート道場」の出版を記念してトークショーを開催します。

 

http://kokucheese.com/event/index/483941/

 

ディベート見たことないけど興味ある、という方も、昔やったことある・今またやってみたい、という方も、皆様お誘い合わせの上、奮ってご参加ください。

 

ネット参加も可能です。

 

日時: 9月15日(金)18時半開場 19時開演 21時終了 終了後サイン会あり
会場: 日本橋公会堂(人形町・水天宮前から徒歩)
入場無料: ただし事前申し込み制

 

あらかじめ「ディベート道場」(Evolving)を1冊お求めの上ご持参ください(入場券がわりになります)。どうしても事前に入手できなかった場合は受付で希望の冊数を実費にてお譲りしますので、お申し込みの際に希望冊数をお知らせください。

 

【ディベートについてよくある典型的な誤解】

 

〈誤解その一〉ディベートは野蛮で攻撃的だ

 

「ディベートをする人たちって相手の話も聞かずにああ言えばこう言う、ああ言えばジョーユーっていうの? なんていうか、口ばっかりで性格悪いよねぇ」

 

 

〈誤解その二〉ディベートは日本人には向かない

 

「日本には和をもって尊しとなしっていう、和の文化があって、相手を言い負かして黙らせる西洋式のディベートは日本の風土に合わないよねぇ」

 

 

〈誤解その三〉今の時代はディベートじゃなくてダイアローグだ

 

「ほら、誰だっけ、あの、オットーとかシャーマーとかも本に書いてたけど、ディベートっていうのは古いっていうか、今の時代は対話だよ、対話。ダイアローグのほうがディベートより効果的なんだよ」

 

 

〈誤解その四〉ディベートは論理と事実のゲームであり、価値観や美意識は無視される

 

「大事なのはさぁ、理屈じゃないんだよ。心だよ。日本人の情緒だよ。岡潔も言ってるじゃない。数学も情緒だって。ロジックのゲームでは解決しないよ」

 

 

〈誤解その五〉ディベートは白と黒しかない二元的で単純なゲームである

 

「世の中はさぁ、そんなに簡単に白黒つかないじゃん。白と黒の間のグレーが大事なんだよ。単純に白か黒かに分けちゃうのは現実の複雑さがわかってない人たちだよね」

 

 

非常によくある誤解や決めつけです。一般の人々はもとより、それなりに著名な有識者・知識人の中にもこの手の典型的な誤解に基づいてディベートを批判している人たちがいて、今更ながら驚かされます。

 

トークイベントでは、こうした誤解や決めつけを一掃したいと思います。また、ディベートを知らない、観るのが初めての人にも面白く、見たことや経験したことがある人にも大いに愉しめるショーを用意しています。ご期待ください。

 

 

【イベントスケジュール】

 

司会: 友末優子

 

《第1部》パネルトーク「ディベートが世界を起爆するとは一体どういうことなのか」
パネリスト
佐々木俊尚 ジャーナリスト・評論家
田村洋一 組織コンサルタント・教育家
山中礼二 インパクト投資家

 

 

《第2部》ショータイム「日本人は全てディベートすべきである」
ゲスト出演:
佐久間一生
塚田喜己
宮崎優里
ディベート飛び入り参加歓迎

 

「ディベートってこんなものだったのか!」
「ディベートって面白いかも?」
「なんだなんだ!?!」
「マジなのか!?」

 

乞うご期待。

 

《第3部》Q&A
クロージング
ご挨拶

 

新刊「ディベート道場」を入手の上、ご持参ください。入場無料です。会場ではご希望の方に新刊を実費でお譲りします。ご希望の方はあらかじめ冊数をお知らせいただけると助かります(Evolvingまで: info@evolving.asia)。

 

 

『ディベート道場 ― 思考と対話の稽古』
【特別音声ファイル無料プレゼントキャンペーン実施中】
単行本お買い上げのみなさまにもれなくプレゼントいたします!
★応募サイトへ★
http://debate-dojo.evolving.asia/

 

 

サンタフェ通信8月25日より


ホーム RSS購読 サイトマップ