オブジェクティブコーチング道場

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年のオブジェクティブコーチング道場について

2017年にスタートしたオブジェクティブコーチング道場も3年目になります。全くのビギナーの人からプロとして活動している人まで、「道場」という稽古場でともに稽古し、実践し、学んだことを共有するコミュニティがささやかながら続いています。

 

オブジェクティブコーチング道場のひとつの特徴は、コーチングを職業として実践するための体系と体験です。日本でコーチングが普及するようになってまだほんの15年程度、世界的にも20年程度ですが、最近ではさまざまな考え方ややり方が広がり、「どんなコーチングがいいのか」「どこで誰に習ったらいいのか」「自分に合った方法は何か」「コーチングはビジネスになるのか」など、選択が困難になるほど多様化しています。

 

私自身は今からちょうど20年前、1999年に企業のマネジャー向けにコーチングをしてくれないかと依頼されたことがきっかけでコーチングをビジネスとして始めました。それ以前は「コーチング」は経営コンサルティングの補助スキルとして「ファシリテーション」とともに実践しており、コーチングだけで契約と報酬を受けるようになったのは1999年が最初です。

 

以来、実にさまざまなクライアントのコーチングを引き受けてきました。

 

仕事柄ほとんどが企業のエグゼクティブですが、行政や非営利組織のリーダーからの依頼もありました。大手企業ばかりでなく、中規模の企業の経営者からの依頼もありました。少数ながらビジネスや組織ではなく、個人の方からの依頼もありました。それぞれのクライアントの置かれた状況や立場や責任はさまざまです。深刻な課題に直面しているマネジャーもいれば、壮大な夢と野心を持つエグゼクティブもいます。人生のトランジションに悩む人もいれば、部下との関係に心を砕く人もいます。

 

コーチングは「やってみなければわからない」複雑系です。こうすれば解決するというレシピはありません。一人ひとりのクライアントが真新しいクライアントです。こういうケースではこうする、ああいうケースではこうする、という手続きなど一切ありません。

 

しかしオブジェクティブコーチングには明快で単純なメソッドがあります。コーチがメソッドに習熟することで、クライアントとともに現実を客観視し、目標や志を明確に描き出し、前進するための活力と工夫を可能にします。

 

オブジェクティブコーチングが他の方法と何が違うのかと問われれば、この現実性、客観性、実践力にあるだろうと思います。

 

2019年のオブジェクティブコーチング道場では、最初の2年に引き続きメソッドを体得して実践する稽古を重ね、2018年に引き続きコーチングを指導できる師範代の養成をも目指します。

 

実際のコーチングにおいては、使えるものは何でも使います。アクセスできる全てのリソースがコーチングの材料となります。その豊かさ、多様性、パワーはビジネスのみならず人生全体に通じるものです。

 

プロのコーチや、プロのコーチを目指す人はもちろん、ビジネスや人生を豊かに実現したい皆さんならどなたでも歓迎します。2019年のオブジェクティブコーチング道場に是非参加してください。

 

https://kokucheese.com/event/index/547530/?fbclid=IwAR3zBtzG3U0yfu9W-ji20WQyugeVBYTI4cPsXJ59S1bEJ3WK1JorBmgLwPc

 

サンタフェ通信11月30日より

トップへ戻る