オブジェクティブコーチング | 田村洋一

このエントリーをはてなブックマークに追加

頭脳と感性をアップグレードする稽古場

「コーチングを教えてほしい」という要望に応える形で始まったオブジェクティブコーチング道場も来年で3年目になります。道場に参加することのメリットは何かと聞かれると、稽古、方法、体験の3つの点から答えています。

 

まず、ふんだんに稽古できる場であること。あなたがビギナーでもベテランでも、経験がたくさんあろうとほとんどなかろうと、御構い無しに稽古できます。未経験者が経験者から学び、経験者が初心者から学び、互いに学びあう場があります。道場主からフィードバックや助言を受けることも随時できます。

 

次に、コーチングの方法を学べること。コーチングの気分ではなく、客観的な結果を出すためのやり方と考え方を学べます。これは20年前に私自身が企業の依頼でコーチングを始めたときに持っていた技術と、その後の体験や学習で蓄積した手法の全てを含みます。基礎があればありとあらゆる場での応用に役立ちます。基礎の中に全てがあります。そして自由にレパートリーを広げることにつながります。

 

最後に、豊かなクライアント体験です。稽古を通じてコーチングのトレーニングだけでなく、クライアントとしての学びにつながります。さまざまなコーチングを受けることによって教室や教科書では決して得られない自分自身の体験が累積し、セルフコーチングができるようになります。

 

オブジェクティブコーチング道場に参加する人は、コーチングをビジネスとして展開する人もいれば、自分自身の成長や成果のためにコーチングを使う人もいます。思考と行動の効果を高めることによってマネジメントやリーダーシップに応用する人もいれば、子育てや教育全般に役立てる人もいます。

 

客観的な思考と具体的な行動、行動の結果を評価する価値観、高い志と実践的なアプローチ。

 

オブジェクティブコーチング道場で学ぶことは、コーチングそのものを超えて、自分自身の頭脳と感性をアップグレードしていくことにつながります。

 

コーチングを一度も学んだことのない皆さん、大歓迎です。一から学び、学んだことをその日から活用し、人生や仕事に活かしましょう。その方法を身につけ、自分のため、誰かのため、クライアントのため、家族のために使いましょう。

 

コーチングを今まで学んできた皆さん、オブジェクティブコーチングを知ることで現在の知識と技術を棚卸しして刷新しましょう。自分が知っていること、できることを自覚した上で、新しい領域に踏み出すことを後押しします。

 

コーチングに希望を持ちながら、歯がゆさを感じることのある皆さん、コーチングはひとつの手段に過ぎません。本当に目指すものは何でしょうか。今いるところはどこでしょうか。自分がやりたいこと、成し遂げたいことは何でしょうか。未来を切り開くために必要なメソッド、自由を獲得することを助ける方法を一緒に学びましょう。

 

オブジェクティブコーチング道場は、コーチングに関心と期待を持ち、クライアントや社会のために自分の力を使い、奉仕と貢献の精神を具体的に体現したい全ての人に開かれています。

 

サンタフェ通信12月21日より

 

トップへ戻る