エコロジカルな事業構築のアプローチ | 田村洋一 | サンタフェ通信

このエントリーをはてなブックマークに追加

エコロジカルな事業構築のアプローチ

 

 事業の立ち上げには二種類のアプローチがあります。

 

 ひとつは戦略的・計画的な方法です。ビジョンを構築し、目標を立て、戦略を練り、計画を立て、実行するのです。

 

 ビジネスの多くがこのやり方で行われています。事業を成功させるのに戦略的な視点は欠かせません。

 

 しかし方法はそれだけではありません。もうひとつは、エコロジカルなアプローチです。

 

 もちろん事業のビジョンは大切です。目標や計画も作るべきでしょう。しかし立てた計画や目標にあえてあまり重要性を入れずに、今この瞬間に集中するのです。

 

 計画外のこと、目標以外のことにマインドを開いていることです。

 

 やたらとビジョンに執着せず、今この瞬間の現在の中に何かを見出すのです。

 

 エコロジカルなアプローチという意味は、自然の進化や発展はそのようにして起こっているからです。

 

 自然は今この瞬間から変化しています。複雑な因果関係の中で自己組織化が起こり、そのプロセスで新たな事業ビジョンも創発されていきます。

 

 事前に全てを描いてプランニングして実行する。それはそれで優れたアプローチであるに違いありません。

 

 しかし自然はもっと豊かです。

 

 人間が頭で考えられる以上の幸運をもたらします。

 

 「人事を尽くして天命を待つ」とはそういう意味ですね。

 

サンタフェ通信4月4日号より一部抜粋しています。


ホーム RSS購読 サイトマップ