小さなビジネスの成功の鍵 | 田村洋一 | サンタフェ通信

このエントリーをはてなブックマークに追加

小さなビジネスの成功の鍵

 

 二十数年前にバージニアの大学院で最も印象的だった授業のひとつに現役のエンジェル(ベンチャー投資家)による実際の投資案件を題材としたクラスがありました。

 

 投資案件の中には大成功して大企業となったものもあれば、大失敗して歴史の藻屑と消えたものもあります。もちろん数では後者がずっと多いのです。

 

 事業計画がどれほど優れていても確実な成功を見込めるものではありません。逆に事業コンセプトが甘くてMBAのクラスで酷評された案件が、どういう展開か、その後の大ヒットに繋がっているケースもあります。

 

 ベンチャー投資家はいったい何を見て巨額の投資を決定するのでしょうか。偶然の幸運を物にする力、セレンディピティはいかにして可能なのでしょうか。

 

 セレンディピティは偶然の所作で、makeすることはできず、ただletするのみなのです。

 

 小さな失敗を大きな成功の足がかりにして、失敗すれば失敗するほど成功する戦略。

 

 セレンディピティこそ事業構築、特に小さなビジネスの成功の鍵なのです。

 

 (2014年5月のSTARクラブセミナー「ひとりから始める事業のつくりかたワークショップ」より)

 

 

サンタフェ通信5月16日号より一部抜粋しています。


ホーム RSS購読 サイトマップ