言行一致というものさし | システム思考 | ディベート

このエントリーをはてなブックマークに追加

言行一致というものさし

 

 ある人物が本物か偽物かはどうやってわかるのでしょうか。

 

 その人がどんなに立派なことを言っていても、言っていることとやっていることとが一致していないとなると尊敬できません。

 

私は正直だ、私は誠実だ、私は寛容だ、私は慈悲深い、などと百万言を費やされたところで、行動や実績にそれが表現されていなければ無意味です。

 

 だいたい自分で「私は」と自己の美点を誇示する人には本当の実力者はいません。実力者は自己を誇示する必要がないのです。

 

 あまりにも強い自己顕示は、妄想です。

 

 妄想 - Wikipedia
 ja.wikipedia.org

 

 妄想(もうそう: delusion)とは、非合理的かつ訂正不能な思いこみのこと。妄想を持った本人にはその考えが妄想であるとは認識しない(むしろ病識がない)場合が多い。精神医学用語であり、根拠が薄弱であるにもかかわらず、確信が異常に強固であるということや、経験、検証、説得によって訂正不能であるということ、内容が非現実的であるということが特徴とされている。日常的な会話でも用いられることもあるがそのときはいかがわしい考えや空想を表し、必ずしも病的な意味合いを含むわけではなく軽い意味で使われている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/妄想

 

 

サンタフェ通信9月20日号より一部抜粋しています。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ